AGF、東京都六本木で開催した3Dアート×カフェイベントの動画を無料配信!

写真拡大

味の素ゼネラルフーヅ(以下、AGF)は、12月15日・16日に六本木ヒルズアリーナにて、イベント「Blendy&MAXIMハッピーStickドリンクバー」を開催した。

動画サイトYoutubeで12月17日より、両日の夕方に行った「3Dプロジェクションマッピングイベント」の様子を期間限定で配信している。

同イベントは、AGFが販売するスティックタイプのインスタントコーヒー「Blendy&MAXIMスティック」の10周年を記念して開催したもの。

会場となった六本木ヒルズアリーナでは、19種類の「Blendy&MAXIMスティック」が無料で試せるドリンクバーカフェをオープン。

3,354人もの人が試飲体験したという。

夕方からは、六本木ヒルズアリーナに設けられたクリスマスツリーの大型模型に、「3Dプロジェクションマッピング」による映像を投影した。

3Dプロジェクションマッピングとは、プロジェクターを使って建物などに映像を映し出す、最先端の光の演出のこと。

あたかも建物から飛び出すような立体的な演出方法で、近年、広告やアートの世界で注目を集めているという。

イベントでは、クリスマスツリー大型模型の前に、大型Stick模型を設置。

来場者がStick模型にハグ(抱きつく)すると、目の前のクリスマスツリー映像が3Dプロジェクションマッピング技術により変化した。

ツリー映像は全19種類。

来場者がStick模型に抱きつくごとに、「レインボーツリー」「プレゼントツリー」など様々な映像に切り替わり、そのたびに大きな歓声が沸いた。

2日間のわずか6時間の間に、のべ841人によるハグ体験が行われたとのこと。

なお同イベントは、日本初となるインタラクティブなプロジェクトマッピングツリーとなる(2012年11月29日現在、プロジェクションマッピング協会調べ)。

同社は、この感動をより多くの人に楽しんでもらうために、クリスマスツリープロジェクションマッピングイベントの様子を映像化。

12月17日より、動画サイトYouTubeの「Stickドリンクバーキャンペーンサイト」にて、2012年3月31日まで期間限定で公開している。