男性が結婚相手に望む年収、女性476万円、男性141万円

写真拡大

楽天グループの結婚情報サービス会社であるオーネットは、全国43の支社のうち、福岡支社、小倉支社、長崎支社、熊本支社、鹿児島支社、沖縄支社を運営する九州地方において、「結婚」に関する意識調査を実施した。

対象は、九州地方在住の25歳から39歳の独身男女計666名で、調査期間は12月1日から12月3日。

「そろそろ、結婚したら」といってくる相手は誰かという問いに対して、男性の25%、女性の34%が「母親」と回答。

沖縄県の男性は、「職場の人(38%)」、宮崎県の女性は「知人(38%)」にいわれると回答した。

2012年9月に、全国の独身者を対象に実施した同様の質問では、「母親」から言われると回答した女性は24%だったことから、九州地方の「母親」は娘の結婚に積極的に取り組んでいるといえそうである。

なお、男性の56%、女性の36%が、「だれからも言われない」と回答している。

男性における独身である理由の1位は、「経済・雇用の不安(39%)」。

特に福岡県、長崎県、沖縄県では、40%以上と高くなっている。

「異性との出会いの機会がほとんど無い」との回答は全体で36%であるが、熊本県においては50%と、14%も高い結果となった。

女性の1位は「異性との出会いの機会がほとんど無い(39%)」。

中でも長崎県と熊本県ではその割合は特に高くなっている。

男性では1位になった「経済・雇用の不安」は、女性では14%にとどまり、男女間での差が顕著にあらわれた。

九州地方の女性が結婚相手に望む年収の平均額は「476万円」となっている。

最も高かったのは、福岡県の「511万円」。

最も希望が低いのは、「365万円」の沖縄県だった。

男性が女性に望む年収額が、最も高かったのは沖縄県で「176万円」、最も低かったのは熊本県の「117万円」。

各県の男女が、相手に希望する年収を合計してみたところ、九州地方全体では「617万円」、県別では福岡県「655万円」、大分県「638万円」、熊本県「601万円」となった。

2012年8月に、全国の女性を対象に実施した、同様の調査での平均は「509万円」であり、九州地方の女性が結婚相手に希望する年収は、全国より約33万円低い結果となった。