ジャンポール・ゴルチエのストリートウェア 来秋デビュー

写真拡大

 Jean Paul Gaultier(ジャンポール・ゴルチエ)が、ストリートウェアの新ラインを立ち上げる。イタリア・Ittierre SpA(イッティエーレ)社との間でメンズウェアの生産やライセンス運営に関する契約を締結。既に提携済みのGibò SpA社が手掛けるウィメンズウェアも含め、2013-14年秋冬シーズンから販売が予定されているという。

ジャンポールゴルチエに新ラインの画像を拡大

 新ラインは、2013年6月に初披露される予定。メンズを手掛けるIttierre SpA社は、「BALMAIN(バルマン)」のディフュージョンライン「Pierre Balmain(ピエール バルマン)」や「COSTUME NATIONAL(コスチューム ナショナル)」の カジュアルライン「C'N'C COSTUME NATIONAL」などの若い世代に向けたブランドも複数展開している。一方Gibò SpA社は「JIL SANDER NAVY(ジル・サンダー ネイビー)」や「Roberto Cavalli(ロベルト カヴァリ)」といった女性向けブランドを多く生産している会社で、Jean Paul Gaultierとは10月に新ラインのウィメンズウェアに関してライセンス契約を締結した。

 日本での展開について、2008年から日本における「Jean-Paul GAULTIER」の独占販売権をもつオンワード樫山グループ会社のバスストップ担当者は「未定」としている。