江戸時代の大食い大会




最近は、視聴者への影響を考えて大食い大会を放映するテレビ番組をあまり見なくなりました。しかし、大食いが1つのエンターテイメントになるのは確かで、例えばアメリカでは毎年『ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権』が開催され、白田さん、小林さんなど日本人も大活躍しています。フードファイターが江戸時代にもいたのをご存じでしょうか?





江戸時代の大食い大会として最も有名なのは、1817年(文化14年)3月23日に柳橋の『万八楼』で催されたものです。この大会は『兎園小説』、『文化秘筆』、『藤岡屋日記』といった文献に書かれています。大酒の部と大食いの部が同時開催されたのですが……。



■お菓子の部は老人が強いのか!?



お菓子の部は壮絶です。読んでるだけで歯が痛くなってくるような記録です。



●神田在住の丸屋勘右衛門さん(56歳)は、まんじゅうを50個、羊かんを7本、薄皮餅30個を食べてお茶を19杯飲んだとあります。56歳なのにこの胃袋!



●八丁堀在住のいすや清兵衛さん(65歳)。まんじゅうを30個、うぐいす餅80個、松風(せんべい)30枚、それに沢庵を5本食べたそうです。なぜ沢庵を5本いったのかはよくわかりません。甘い物を食べすぎたので塩辛い物がほしかったのでしょうか(笑)。



●麹町在住の佐野屋彦四郎さん(28歳)はまんじゅう50個に餅を100個。よくまあ入ったものです。



●丸山片町在住の足立屋新八さん(45歳)は今坂餅を30個、せんべい200枚、それに梅干しを2升。2升ですよ! 酸っぱい話です。



また麻布在住の亀屋佐吉さん(43歳)が甘酒を50杯飲んだと書かれています。おなかはちゃぷんちゃぷんでしょう。



■ご飯の部は何をおかずにするかだ!



ご飯を何杯いけるかの戦いですが、問題は「おかず」に何を食べるかです。ご飯が進むけれども、それほどおなかにもたれない物を選ばないといけません。なので、結果はむちゃくちゃです(笑)。



●駿河町在住の万屋伊ノ助さん(50歳)は醤油2合でご飯を68杯食べたそうです。おかずに醤油を選んだところが憎いですな(笑)。



●浅草在住の和泉屋吉兵衛さん(73歳)は唐辛子5把をおかずにご飯を50杯いってます。辛っ!



■お酒の部は倒れるまで飲む!



●芝口在住の鯉屋利兵衛さん(30歳)は、(関取が使うような)3升入る大きな盃で6杯半、つまり19.5升飲んでその場にバッタリ倒れたそうです。その後、目を覚まして茶わんで水を17杯飲んだと書かれています。そりゃあ倒れます(笑)。



●田原町在住の堺屋忠蔵さん(68歳)は、同じく3升入りの盃で3杯飲んだそうです。上の利兵衛さんには負けますが、それでも9升! スゴイです。



どうにも信じられない、記録がウソじゃないかという話もあります。ガセネタが広まったのでまゆつばものの記録であるとも言われてもいます。



ただし、大食い大会などが催されるくらい、江戸時代後期には食も遊びになっていたことは事実です。飲み比べなどは全国で催されていたらしく、例えば地方の古くからの蔵元などに行くと、江戸時代の飲み比べ大会の結果などが残っていたりします。二升飲んだ、三升飲んだ、その後2日起きなかったといった、「それは昏睡状態じゃないのか」とツッこまざるを得ないような記録もあります。「大食」には何かロマンがあるのでしょう。







(高橋モータース@dcp)