「小判」ほしくないですか?

写真拡大

小判ほしくないですか? 山吹色のずっしりした小判。

人はどうも金色の物に弱いようです。

この小判、いくらぐらいで買えるものでしょうか。

中野ブロードウェイで『野崎コイン』を営んでいる社長の野崎茂雄さんにお話を伺いました。

――「小判」はいくらぐらいで買えるものでしょうか?それはピンキリなんですが、一般的に入手しやすい小判というのは8種類ぐらいですね。

一番安いのは「万延小判」で、10万円ぐらいからで買えます。

――やはりそれぐらいはするものなんですね。

本物の小判はそれぐらいからですね。

レプリカとかニセモノだと安く買えるでしょうけれども。

――鑑定書みたいなものは付いているのでしょうか。

それは付いていたり付いていなかったりします。

お店独自の鑑定書を付けたりすることもありますし。

――鑑定書付きだと値段が上がったりするでしょうか?そうですねえ、5,000円-2万円ぐらい価格が上がるでしょうか。

万延小判(通称:ひな小判)1860年発行縦35mm 横20mm時代刻印はありません3.3g金品位:57.4%10万円〜天保小判1837年発行縦60mm 横30mm裏面に「保」の刻印があります11.2g金品位:56.8%15万円-20万円文政小判1819年発行縦60mm 横30mm裏面に「草文」(草書の文の字)の刻印があります13.07g金品位:55.9%15万円-20万円元文小判1736年発行縦65mm 横33mm裏面に「文」の刻印があります13g金品位:65.3%15万円-20万円享保小判1714年発行縦70mm 横35mm裏面に刻印はありません17.78g金品位:86.1%50万円-70万円宝永小判1710年発行縦60mm 横32mm裏面に「乾」の刻印があります9.34g金品位:83.4%150万円-200万円元禄小判1695年発行縦70mm 横38mm裏面に「元」の刻印があります17.81g金品位:56.4%200万円-300万円慶長小判1601年発行縦70mm 横38mm裏面に刻印はなし17.73g金品位:85.7%100万円-150万円――最も高い値段はつく小判は何でしょうか?それは「佐渡小判」と呼ばれるものですね。

「享保小判」なんですが裏面に「佐」の刻印が入っています。

――それは佐渡で作られたということなんでしょうか?そうです。

佐渡金山で作られたということです。

大変に珍しい小判で希少価値がとても高いのです。

――いくらぐらいするのでしょうか?500万円以上ですね。

――流通量は少ないんでしょうね。

野崎さんは実物をご覧になったことはありますか?ええありますよ。

数年に1枚出てくることがありますね。

――小判を買う時に注意することはありますか。

本物の小判をほしいのであれば、やはりきちんとしたお店で購入した方がいいと思います。

変に安すぎるものなどは注意すべきです。

――小判の価格はそこに含まれている金の量と関係していますか?いえ、小判に含まれている地金の量というのはとても少ないんですよ。

ですから小判の価値というのは「骨董的な価値」です。

その小判の希少性と状態で価格がつきます。

――なるほど。

状態で注目するのはどんな点でしょうか。

そうですね、例えば両替商が押した刻印の数が少ない方がいいですね。

――両替商の刻印とは何ですか?両替商が両替をする時に、「これは本物」という意味で「自分の屋号」の印を押すんですよ。

――それは知りませんでした。

これがたくさんあるよりは少ない方がキレイですからね。

美術的に価値が上がります。

本物の小判は1枚で10万円くらいからとのこと。

千両箱を一杯に! なんて夢のまた夢です。

トホホ……。

(谷門太@dcp)