やっぱり最初はワンルーム投資? 区分マンションは安いが「金持ち」は遠い!?

 ワンルームなどの区分所有投資は、不動産投資初心者にとってはちょうどいい投資だとわかった。でも現金で500万円ほどのお金を出すのは結構大変かな。利回りがよくないと、月々の収入は実質数万円程度。回収も考えると、区分所有投資だけでは、金持ち父さんは難しいことが判明…。

ワンルームマンション投資とは言っても、新築で節税対策用として売られている、手元に現金が残らないものは論外! 今回は、少額から始められる区分所有の物件を購入する方法を考えてみた。

>>前回のお話はこちら
『サラリーマンでもできるの?不動産投資のイロハからオベンキョー!』

||不動産投資の師に教えを請いに行く

 前回はワンルームマンション投資家のJACKさんや、競売のカリスマに会って話を聞いた。

 「競売」は“なるほどおもしろそう”って思ったけどやっぱ「はじめて」にしては、ハードル高すぎ。

 買って、ほんとに死体が放置されてたらどうすんの?(ブルブル)占有者がいたら?(ブルブル)

 でも、「家って、3000万円で買わなきゃいけないと思ってるだろうけど、競売なら300万円。2軒買って1軒貸せばいい」って話は説得力あったよな〜。経験積んでトライしよ。

 結論として「はじめての不動産投資」にふさわしいのは、やっぱマンションの「区分所有」。1棟まるごとじゃなく、バラ売り物件ね。

 数々の投資商品で“身の程”を知ったオレは、ムチャはしません。

 そこで、この判断は正しいかどうか、プロの意見を聞きに行った。束田先生は「正しいです。不動産投資はほとんどの人にとって“借金”がハードル」。

 1棟ものはほぼ確実に「借金」をしないと買えないけど、数百万円の区分所有なら貯金をかき集めればなんとかなる。

 まずは区分を買って練習し、不動産投資がどういうものかわかったら、あとは少しずつスケールを大きくしていけばいいとアドバイスをもらった。あー、でも「う○こ物件」はつかみたくないしな…。

||1件のつもりが、3件購入!?

 束田先生曰く、ある程度決まった利回りが保証され、しかもその基となるストックの部分は売却して利益を出すこともできる。不動産投資は、株式投資よりもむしろ「債券投資」に近いという。しかも、区分所有ならサラリーマンでも頑張れば、現金で買える価格(数百万円)。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)