専用の募集ページ(日本語版)から応募する。

写真拡大

「日本代表」として米ニューヨークへ行き、野球のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)を観戦、応援しよう――WBCでは、参加16か国のファン代表が一同に集まる企画への参加者を募集している。日本からも1人が参加できる。

16か国から代表が集う

「MLBファンケーブ:ワールドベースボールクラシック・エディション」と銘打ち、日本を含め各国から1人ずつ選ばれた計16人が参加するイベントだ。ニューヨークにある施設「MLBファンケーブ」に集い、「洞窟(ケーブ)の住人」として、主に映像を通じて試合観戦をしながら自国チームを応援、ネットなどを通じて様々な体験を発信する。多彩な野球関係者と会うこともできる。

ニューヨークへの往復航空費やホテル宿泊費、現地生活費が支給されるが、自国チームが敗退すれば「ケーブ」から去ることになる。自国チームがベスト4に残れば、米サンフランシスコの会場球場を訪れ、決勝ラウンドを「ナマで応援」できる。

応募締切は2013年1月11日まで。専用ホームページ(日本語版)から応募フォームに沿って申し込む。自身の「野球愛」などをアピールする文章を書く欄もあり、選考の参考にされるようだ。また、「日本語と英語が堪能」といった条件もいくつか示されている。

今回のWBC第1ラウンドは、2013年3月2日から、日本や台湾の会場で始まる。日本代表は、2006年と2009年の大会で優勝した強豪だ。今回の活躍にも注目が集まっており、日本の「ファン代表」が発信する情報にも高い関心が寄せられそうだ。