4月に開場する新しい歌舞伎座が、第64回さっぽろ雪まつりの大雪像に!

写真拡大

松竹は12月13日、同社が2013年4月2日に開場を予定している歌舞伎座(東京都中央区)が、第64回さっぽろ雪まつりの「雪のHTB広場」の大雪像に選定されたことを発表した。

歌舞伎座は、同社が運営する民間の劇場で1889年に開場。

以来、様々な変遷を経ながら、日本の代表的な古典芸能を上演する劇場として、120年以上の歴史を刻んできた。

3年前から建て替え工事に入っていたが、2013年4月に新しい歌舞伎座を開場。

その新しい歌舞伎座がさっぽろ雪まつりの大雪像で、一足早くお披露目となる。

「大雪像 歌舞伎座」制作は、松竹や北海道テレビ放送、陸上自衛隊第11旅団第18普通科連隊、第11戦車大隊、第11施設中隊、および第11通信中隊が行う。

第64回さっぽろ雪まつりは、2013年2月5日〜11日まで開催。