長崎県長崎市で、養殖クロマグロを味わう「旨い本マグロまつり」を開催

写真拡大

長崎発「旨い本マグロまつり」実施協議会は2013年1月12日、長崎発「旨い本マグロまつり」を開催する。

同イベントは、双日の100%子会社である双日ツナファーム鷹島を含む6社(財部水産、ニシヤマ水産、橋口水産、日本鮪養殖、みつしま水産)が発起人となり、長崎県庁、女子美術大学の協力を得て、長崎県内のクロマグロ養殖業者および関係漁業協同組合などで構成する実施協議会が開催するもの。

長崎県は豊かな漁場環境に恵まれており、2011年の養殖クロマグロ出荷尾数も6万尾と日本一の規模となっているという。

実施協議会では、今回のイベントを通じて、長崎県をはじめとする養殖クロマグロのおいしさを体感してもらうことに加え、養殖業者の品質向上への取り組みを広く消費者に披露する機会としたいとしている。

当日は、専門家や消費者代表による「クロマグロ刺身品評会」、クロマグロ解体による試食・即売会、クロマグロ創作料理の展示・紹介などを行う。

開催日時は2013年1月12日、10時〜15時。

会場は、ベストウェスタンプレミアホテル長崎 3階 「ジェイド」(長崎県長崎市宝町2-26)。

入場は無料。