地域にあわせた”たれ”を使用したすきやき弁当発売-ほっともっと

写真拡大

持ち帰り弁当のブランド「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開するプレナスは、三元豚(さんげんとん)と木綿豆腐、白菜、玉ねぎなどを入れ、たれでじっくり煮込んだ「三元豚のすきやき弁当」を、12月20日から発売する。

価格は580円。

同商品には、三つの品種をかけあわせて生まれた「三元豚」を使用しており、飼料だけでなく、ストレスにも配慮した飼育によって、ジューシーで柔らかな肉質になっているという。

また、すきやきの「たれ」は、地域による嗜好(しこう)性を考慮して、東西で味を変えており、東日本では、しょうゆのうま味を残しつつ、隠し味に赤ワインを加えた「たれ」を使用。

西日本では、しょうゆにザラメなどを加え、うま味と甘さのバランスを考慮した「たれ」を使っているとのこと。

なお、おかず単品の価格は480円、生たまご付きはプラス50円となる。

詳細は、 同社ホームページを参照のこと。