富士山が見える! タワーマンション購入者の9割超が住んで良かったと回答

写真拡大

不動産の住宅情報を提供する野村不動産アーバンネットは、首都圏のタワーマンション居住者500名を対象に「タワーマンションに関する意識調査」を実施。

調査の結果、9割超が「住んで良かったと思う」と回答した。

調査期間は11月20日〜11月21日。

タワーマンションに「住んで良かったと思う」と回答した人は91.8%で、「住んで良かったと思わない」と回答した人(8.2%)を大幅に上回った。

また、タワーマンションのメリットと思うもの1位は「眺望が良い」、2位「防犯面で安心」、3位「駅から近い」となっている。

一方、住んで良かったと思わない理由については、「エレベーターの待ち時間が長い」、「風が強い」などのコメントがあった。

タワーマンションの資産価値については、「資産価値が高いと感じる」と72.4%の人が回答。

その理由については、「実際に中古価格が安定している」「周辺と比べ値崩れしていない」という意見が多い。

タワーマンションから見える好きな風景の1位は「富士山」。

次いで、2位に「東京スカイツリー」、3位に「東京タワー」、4位に「花火」、5位に「レインボーブリッジ」が選ばれた。

また、「四季折々、時間によって変わる富士山の姿」、「富士山と空と雲の毎日変わる色彩」など、景色の変化を楽しむ声も寄せられている。

東日本大震災の発生から1年半以上が経過し、タワーマンションに対する意識の変化はあるか、という質問に対しては、「震災後は不安に感じていたが、今は震災前の状態と変わらない」が31.2%、「特に変化はない」が50.8%と、8割以上の人は、震災前と意識は変わらないという結果になった。

なお、「強く不安を感じている」人は、13.0%にとどまっている。