岩手県久慈市の作品が「ふるさとCM大賞 in IWATE」大賞をまたも受賞

写真拡大

岩手県内の市町村が、手作りコマーシャルでふるさとを紹介する「ふるさとCM大賞 in IWATE」(岩手朝日テレビ主催)の2012年度の大賞に、久慈市の作品が選ばれた。

この「ふるさとCM大賞 in IWATE」は、岩手県内の市町村の広報担当者らが制作した、15秒の「ふるさとのCMビデオ」のコンテスト。

地元自治体の担当者が企画・制作・撮影・出演などのすべてを行い、制作したCM作品をオンエアするという、「手づくりのふるさとPRコマーシャル」の祭典。

2002年にスタートした地域振興キャンペーンだ。

今年の参加市町村は県内の33市町村。

その中から大賞を受賞したのが久慈市の作品。

昨年は東日本大震災で中止になったが、同市は2008年から2010年まで大賞を連続受賞している同コンテストの常連だ。

今年の久慈市の作品は、「宝・くじ」。

地域の観光名所は久慈の「宝」。

それをおみくじのクジにかけ、ハズレのない「アタリくじ」だけ、という内容に仕上げた。

大賞には副賞として、ふるさとCMを年間365回放送できる権利が授与される。

今後、久慈市の「宝・くじ」は岩手朝日テレビでのオンエアが予定されているが、CMオンエアを前に久慈市の受賞作品を久慈市公式ホームページで公開中だ。

なお、同コンテストは、12月29日(土)16:30から岩手朝日テレビの「ふるさとCM大賞 in IWATE」という番組で放送される予定。