●Killer

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
(C)GoRA・GoHands/k-project
(C)King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.

TVアニメ「K」がMBS、TBS、AT-Xその他から放送されています。
<キャスト>
伊佐那社:浪川大輔
夜刀神狗朗:小野大輔
ネコ:小松未可子
周防尊:津田健次郎
宗像礼司:杉田智和
櫛名アンナ:堀江由衣
草薙出雲:櫻井孝宏
八田美咲:福山潤
鎌本力夫:中村悠一
淡島世理:沢城みゆき
伏見猿比古:宮野真守
十束多々良:梶裕貴
雪染菊理:佐藤聡美
アドルフ・K・ヴァイスマン:柿原徹也

●ストーリー
葦中学園高校は、島が丸ごと高校の敷地になっている変わった学校である。その屋上で、シロこと伊佐那社は、一匹の仔猫と共に昼食をとっていた。昼食後、クラスメイトのククリ(雪染菊理)から学園祭の買い出しを頼まれたシロは、橋を渡って街へと向かう。だがそこでなぜかガラの悪い男たち(吠憮羅)から追われるはめになり――。(第1話より)
●吠憮羅VSセプター4の攻防戦!
学園島を占拠した吠憮羅、その学園島の周囲に構えるのはセプター4。

周防尊に対する宗像礼司の交渉も決裂に終わり、セプター4の強行突破も秒読み段階!

伏見猿比古「副長、突入は?」

しかし、淡島世理の判断は動かず。吠憮羅とセプター4が正面から戦えば互いに多数の死傷者が出るのは確実。そこで宗像礼司に最終判断を仰ぎます。

宗像礼司「総員、突入準備を!」

いよいよ吠憮羅とセプター4の全面戦争となりますが…。
●最後通告!
一応、吠憮羅に対して最後通告をする淡島世理。当然ながら吠憮羅は降伏をするわけがありません。

宗像礼司「副長、指揮を任せます!」

淡島世理の指揮により全員抜刀するセプター4。もちろん対抗する吠憮羅も鬨の声を上げて立ち向かいます。

学園島は戦場になり、宗像礼司は無関係な学生の被害を防ぐべく動いていたのですが…。宗像礼司をナイフで刺したのは吠憮羅の坂東三郎太。

宗像礼司が落下物の能力で静止させていたのですが、ショックのため失敗。学園の廊下にいた櫛名アンナもセプター4に狙撃され重傷を負います。

雪染菊理もこの抗争に巻き込まれるのですが…。
●帰ってきた主人公!
雪染菊理を救出したのは夜刀神狗朗。そして、その次にやってきたのは伊佐那社とネコ。

雪染菊理は伊佐那社との記憶は消されているも、彼等が味方という事は認識しているようで…。

ところが、そこにやってきたのは周防尊。もちろん彼は十束多々良殺害犯を追い掛けており、それが伊佐那社だと看做しているわけですが…。

※未だに伊佐那社が十束多々良殺害犯とは確定していません。
●周防尊の本気!
周防尊はゆっくりと伊佐那社に近寄ります。それを夜刀神狗朗が制止するも軽くいなされ、ネコも必死に抵抗するも全く相手にされず。

やむなく抜刀のうえで周防尊に立ち向かう夜刀神狗朗。しかし、赤のクランである周防尊の本気には対抗出来ません。ところが、そこにやってきたのは宗像礼司。

この2人が戦っている隙に逃げ出す伊佐那社達4人。
●雪染菊理の豹変!
突然、伊佐那社の軽い怪我を見る振りをして雪染菊理が彼に襲いかかります。もちろん夜刀神狗朗の制止によって事無きを得ますが…。

頭部にショックを受けた伊佐那社、彼の失われた記憶が少し戻ります。そのためか仰向けで茫然と空を見上げる伊佐那社。そしてアドルフ・K・ヴァイスマンの影が彼の脳裏に映し出されます。

そんなとき上空から光が!そして一振りの巨大な剣が!

意識が戻った伊佐那社。彼の口から発する言葉はドイツ語。

伊佐那社「僕の名はアドルフ・K・ヴァイスマン。第一王権者、白銀の王だ!」

これは一体…。

「K」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「K」第10話「学園島占拠!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「K」第9話「主役不在の話」(ネタばれ注意)
【アニメ】「K」第8話「飛行船の男」(ネタばれ注意)
【アニメ】「K」第7話「記憶再現」(ネタばれ注意)
【アニメ】「K」第6話「伊佐那社、存在の否定」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「K」TVアニメ公式Webサイト
「K」AT-X公式Webサイト