●ホラー・NO・RYO大会

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©VisualArt's/Key/Team Little Busters!

TVアニメ「リトルバスターズ!」がTOKYOMXテレビ及びAT-Xその他から放送されています。

<キャスト>
直枝理樹:堀江由衣
棗 鈴:たみやすともえ
棗 恭介:緑川 光
井ノ原真人:神奈延年
宮沢謙吾:織田優成
神北小毬:やなせなつみ
三枝葉留佳、二木佳奈多:すずきけいこ
能美クドリャフカ:若林直美
来ヶ谷唯湖:田中涼子
西園美魚:巽 悠衣子
笹瀬川佐々美:徳井青空

●ストーリー
両親を失い、絶望の淵にいた少年・直枝理樹。そんな彼に救いの手を差し伸べたのは「正義の味方・リトルバスターズ」を名乗る少年達のリーダー「棗恭介」だった。
彼ら4人と過ごすお祭り騒ぎのような日々。理樹はいつの間にか心の痛みも寂しさも忘れていた。

――それから数年後。
理樹達の友情は変わらず続いていたが、進学や就職…将来のことを考えなければいけない歳になっていた。理樹は再びみんなで“今でしか出来ない何かをしたい”と願い始める。そんな彼の願いに応えるかのように、ある日突然、恭介は宣言する。
「野球チームを作る。チーム名は…リトルバスターズだ」
かけがえの無い青春の真っ只中、理樹とリトルバスターズの物語が幕を開ける!
●季節外れの肝試し大会!
棗 恭介「何か最近暑くね?」

※もうすぐ冬なんですけどね!

棗 恭介「俺のハートはいつでも熱いんだよ!」

どうやら彼はゆるく遊べるイベント「納涼肝試し大会」を開催しようとしますが…。

棗 鈴「嫌だ!殺される!」

彼女はかなり怯えています。なお井ノ原真人の怪談は途中までは怖かったのですが、オチが今一つのため棗 鈴のお仕置きプレイ炸裂!
●結局、「納涼肝試し大会」開催!
今回の肝試し大会は校舎の中に隠した4枚の札を見付けてくるというもの。

※神北小毬のクドに対する肝試しの説明は間違いではありませんが、寧ろ「肝試し」というより「度胸試し」という感じです。

3組に分かれる事になりますが…。

棗 鈴・神北小毬・クド組、

クド「こーるみーふぉーへるぱー!」

クドは犬を校舎内に呼ぼうとしますが何故か犬は校舎内に入りません。

※恐らく校舎内に入らない様に躾けられていると思われます。

そこで棗 鈴は猫を呼ぼうとしますが、気ままな猫がゆえ全く言う事を聞きません。

神北小毬「怖くない!」

そう言い聞かせますが、

棗 鈴「私は怖い…。」
神北小毬「私も怖い!」
クド「私は怖くない!」

そのように言い聞かせるも…、不安ですね!
●怖すぎます!
理科教室に入る神北小毬。しかし罠に引っ掛かり骸骨模型が出てくると、

神北小毬「ひあー!」
棗 鈴「大変!小毬ちゃんが死んだ!」

※気絶しているだけで死んでません。

クド「今のはFear(恐怖)と掛けたナイスジョークですか?」
棗 鈴「脈はある。諦めるな!」

※だから死んでません。

棗 鈴のビンタによって目覚めた神北小毬。顔が痛いようですが…。

そこに別班の井ノ原真人が廊下を走り抜けると、

鈴・小毬・クド「ひあー!」

※確かに怖いです。
●肝試しになりません!
直枝理樹・来ヶ谷唯湖・三枝葉留佳組。この女性2人は全く怖がりません。音楽室にあるピアノや目が光る人形、手袋に仕込んだケチャップ等、来ヶ谷唯湖は一瞬で見抜きます。

来ヶ谷唯湖「よし、もずくを仕込んで…」

※彼女は手袋にもずくを仕込むのですが、よくもずくを持っていましたね!

あまりに盛り上がらないため戦闘を来ヶ谷唯湖から直枝理樹へ変更。すると急に怯え出す三枝葉留佳。どうやら三枝葉留佳は来ヶ谷唯湖の後ろだと絶対的な安心感があるようで…。

※直枝理樹では頼りないのでしょうか?
●ぴらり。
再び棗 鈴・神北小毬・クド組。美術室に潜んでいた来ヶ谷唯湖を見て、

神北小毬、またもや気絶!

へんじがない。
ただのしかばねのようだ。


クド「どうするです?」
来ヶ谷唯湖「そうだな。ぴらり。」


しかも気絶している神北小毬のスカートを捲り、パンティーを確認する来ヶ谷唯湖。

直枝理樹「何やってんですか?」
来ヶ谷唯湖「良いじゃないか、女の子同士減るもんじゃなし!」


来ヶ谷唯湖「わかったよ。ふぅ!」

神北小毬の耳元に息を吹きかけて起こす来ヶ谷唯湖。

※エロい起こし方ですね!

●本物かっ!
井ノ原真人・宮沢謙吾組、どうやら本物の怨霊と遭遇してしまったようです。

クド「NO・RYO大会がON・RYO(怨霊)を呼び出してしまったのです!」

そこでクドが呼び出されたのは西園美魚。怨霊の倒し方を聞き出そうとしますが…。

西園美魚「そうですね。霊的なものは強いエネルギーに弱い傾向にあります。光とか音とか。」

そこで棗 恭介に何か妙案が!

その怨霊は激しく動き、リトルバスターズの面々は金たらいや照明をつけたりと色々と動きまわりますが…。

怨霊の正体は巨大な大鷲、名前は「ぴーちゃん」。以前、棗 恭介に懐いていたようです。

ぴーちゃんとの再会に喜ぶ棗 恭介。

ところが、最後に出てきた井ノ原真人・宮沢謙吾組。

井ノ原真人「校長室のトラップに手間どっちまってよ!」
棗 恭介「俺はそんなところに仕掛けてないぞ!」


という事は…。

「リトルバスターズ!」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「リトルバスターズ!」第10話「木陰で本を読む少女、西園美魚」(ネタばれ注意)
【アニメ】「リトルバスターズ!」第9話「ゼリーだ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「リトルバスターズ!」第8話「心の琴線」(ネタばれ注意)
【アニメ】「リトルバスターズ!」第7話「三枝葉留佳、信じる心」(ネタばれ注意)
【アニメ】「リトルバスターズ!」第6話「心の封印が解けた日」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「リトルバスターズ!」TVアニメ公式Webサイト
「リトルバスターズ!」AT-X公式Webサイト