目黒に新たなワークスペース「HUB Tokyo」日本のチェンジメイカーを世界へ

写真拡大

 チェンジメイカーと世界を繋ぐワークスペース「HUB Tokyo」が、目黒にオープンする。2013年1月中旬から本格稼働する計画で、世界各国に広がる「The HUB」の国内初の施設として誕生。スタートアップカルチャーを形成する「The HUB」のネットワークを通じて、利用者同士がシェアして創り上げるソーシャルベンチャーを国内外に発信していくという。

目黒に新たなシェアスペース誕生の画像を拡大

 ロンドンで2005年に初めて開設された「The HUB」は、起業家たちが集まり仕事をするワーキングスペースとして世界28都市に展開地域を拡大。アジアではシンガポールに施設を持つ他、現在世界600近くの都市で設立準備が進められているという。

 今春立ち上げプロジェクトがスタートした「HUB Tokyo」は、アントレプレナーからクリエイター、エンジニア、パフォーマー、編集者まで様々な業種業界のプラットフォームを形成。"Co-Creation"(=共創)による実験の場として、利用者が生み出す新ビジネスの発案をサポートする。目黒川近くの元印刷工場を改装してオープンする計画で、立ち上げには共同設立者の槌屋詩野と片口美保子をはじめ、不動産紹介サイト「東京R不動産」や建築・インテリアデザイン・リサーチの活動体「Noiz Architects(ノイズ・アーキテクツ)」など様々な団体が参加。現在内覧会を順次開催しており、プレオープンの12月21日にはアイデアをシェアするピッチイベントを実施する予定だ。

■HUB Tokyo
 住所:東京都目黒区目黒2-11-3
 URL:http://hubtokyo.com/