「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」のひとこま。

写真拡大

■岩手の先輩看護師は語る

大船渡高2年の金野史絵さん。小学生のときから看護師になりたかった。「看護師にも、いろんな看護師がいるんです」と教えてくれた中のひとつに、特定看護師という資格があった。

特定看護師とは「厚生労働省が創設を検討している、従来の看護師よりも幅広い医療行為ができる新しい資格のこと」(『知恵蔵2012』)。現在はまだ資格化されていない。受験資格として、看護師資格と実務経験以外に、大学院修士課程修了が義務づけられる模様だ。金野さんと同じ岩手出身で、現在は東京で働いている知人の看護師に訊いてみた。

「ひとことで言うと、お医者さんの代わりに、風邪薬ぐらいなら処方できるとか、ある程度の指示が出せるってことね。今はあらかじめ医師が事前に指示を出していて、看護師はその選択肢の中でやっているんだけど。大学院行くの? 大学院って、現場で使えない奴が行ってiPS細胞とか研究するところじゃないの(笑)? 給料増えるか? まだ始まってないからわからない。認定看護師はちょっと給料多いとは聞くけどね」

認定看護師は日本看護協会の資格だ。小児救急看護、新生児集中ケアなど21の専門分野があり、全国に1万1000人弱いる。さらにその上に、大学院修士課程修了を要する専門看護師という資格がある。こちらは全国で800人弱。また、日本看護協会には災害看護研修を受けた看護師が登録できる「災害支援ナース」という制度もある。よく勘違いされるのが「国際看護師」だ。現時点で世界共通の看護師や医師の国際免許はない。国際看護師は仕事の形態につく名称だ。そしてそれは、金野さんが目指す仕事であり、金野さんには、そのために進む学校も見え始めている。

「日本赤十字秋田看護大学を目指しています。将来海外でボランティアとして働きたいという夢に一番近づけると思ったからです。ここは海外研修の制度もあるし、赤十字で勤めていれば国際救援に参加できるので」

全国に6校ある赤十字看護大学は、東北では秋田にしかない(他は北海道、東京、愛知、広島、福岡)。日本赤十字秋田看護大学は、大船渡から約200キロメートル、車で3時間半の秋田市にある。1914(大正3)年、日本赤十字社秋田支部病院救護看護婦養成所として発足し、2009(平成21)年に大学となった。学部学生数447名。まだ卒業生はいない。オーストラリアや台湾の看護大学との交流プログラムがある。さて、金野さん、看護師の資格が取れたら、どこで働きたいですか。

「最終的には地元に帰ってきて働きたいけど、日赤に勤めて国際救援に参加したいという気持ちもあるし……。ボランティア活動的なかんじで、発展途上国に行って支援したいなと思ってます。 最終的には、拠点は大船渡で。 5年のうち1年はあっちで、また大船渡に戻って来て……そんなかんじでやりたいです」

金野さんや伊藤さんは「TOMODACHI〜」に参加したことで海外志向が強くなった。一方で、郷土への思いを強めた高校生もいる。並の「地元志向」とはちょっと違う。郷土の「土」の字がよく似合う地元志向だ。

■陸前高田のイチゴはおいしい

畠山皐(はたけやま・さつき)さんは大船渡高校2年生(理系クラス)。自宅は大船渡市の南隣、宮城県と境を接する陸前高田市の広田町にある。去年の3月11日、半島の町である広田町は津波で道を断ち切られ、しばらくの間「島」になった。「自宅は無事でしたが、自営業の父親の鉄工所が全壊しました」。お母さんは福祉施設で働き、八戸工業大学に通う兄がいる。畠山さんがこちらに教えてくれたものは「農業指導員」ということばだ。

「農業指導員になりたいです。農業指導員は県の職員です。大船渡市役所の災害復興の仕事をしている人の中にも、農業指導員の人がいます」

何をする仕事なんですか。

「たとえば、津波で海水がかかった畑を改良してトマトがつくれるようにしたりとか。わたしが住んでいる広田でも、いろんなかたちで農業を復興しようとしているんですけど、その指導や手伝いをする仕事です。最近は広田でも、塩害に負けない米づくりとかの研究も始まっているみたいです。広田も陸前高田も、おいしいもの多いんですよ。高田のアグリランドのイチゴはとても美味しいですよ(笑)。陸前高田市では色々な農業方法で復興しようとしています。もし良かったらぜひ陸前高田市のことを調べてみてください」

調べてみた。アグリランドとは「農業生産法人アグリランド高田」のことだ。2001(平成13)年に陸前高田のJAと市内農家2名が出資設立し、従業員を雇って運営している農業生産法人(有限会社)。農場は津波に呑まれたが、高台に新たな土地を借り、被災1カ月後には事業(イチゴのハウス栽培)を再開している。

調べてみると「農業指導員」は通称で、正式名称は「普及指導員」。農林水産省所管の国家資格だ。それまでの「改良普及員」と「専門技術員」を一元化し、2006(平成17)年に生まれた。自然相手の知識だけでなく、農家に対する経営指導も行う。ひとことで言えば、農業という事業のコンサルタントである。畠山さんが通う大船渡高は普通科だけの進学校だ。農業分野への進路は予想外だったので、訊いてみた。畠山さん、きっかけは何ですか。

(次回に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介 )