鶏むね肉の激ウマ料理 (9) 鶏むね肉でチンジャオロースー

写真拡大

中華の定番・チンジャオロースー。

ピーマンと牛肉の細切り炒めのことだが、今回は牛肉のかわりに安価な鶏むね肉を使用。

パサつかず、おいしく仕上げるポイントは下準備と炒める”順番”にあった。

材料(2人分)鶏むね肉 250g / 長ネギ 長さ5cm分 / ニンニク 1/2かけ / ジャガイモ 小1個 / ピーマン 4〜5個 / 胡椒 適量 / サラダ油 大さじ2A(溶き卵 大さじ1/2 / 醤油 大さじ1 / 日本酒 大さじ1 / 片栗粉 大さじ2)B(醤油 大さじ1と1/2 / オイスターソース 大さじ1/2 / 日本酒 大さじ1 / 水 大さじ1 / 砂糖 大さじ1/2 / 鶏がらスープの素 小さじ1/2 / 片栗粉 小さじ1/2)つくり方鶏むね肉は皮を取り除いて半分の厚さに切り、長手方向を横にして5mm幅に切る。

皮も5mm幅に切ってボウルに入れる。

Aを加えて手でしっかりともみこむ。

長ネギは縦十字に切り目を入れ、5mm幅に切る。

ニンニクはみじん切りする。

ジャガイモは皮をむいて3mm角の棒状に切って水にさらし、ザルにあげて水切りする。

ピーマンは種を取り、3mm位の幅に切る。

フライパンにサラダ油大さじ1を入れ、強火でジャガイモを炒める。

透明感が出てきたらピーマンを加え、サッと炒めたら一旦取り出しておく。

同じフライパンにサラダ油大さじ1と長ネギを入れ、1をほぐしながら中火で炒める。

ほぐれて熱が通ったら3を戻して混ぜ合わせておいたBをまわしかける。

強火にあげて水分を飛ばすように炒め、胡椒をふってできあがり。

「鶏むね肉を使ったチンジャオロースーです。

鶏むね肉は細切りし、下味を揉み込んで炒めることでパサつかず、しっとりとしたおいしさを保っています。

サッと炒めた野菜を一旦取り出してから鶏肉を炒めているのも、火が入り過ぎずパサつかない工夫点です。

鶏むね肉は適切な下処理と熱の通し方でグッとおいしさが増しますね」(筋肉料理人さん)。

筋肉料理人1963年6月生まれ。

佐賀県在住。

自営業のかたわら、居酒屋で料理人としても働く。

2009年からは佐賀県三養基郡みやき町保有の元民間保養施設で食文化コーディネーターとしても活躍。

趣味は料理、バイク、アウトドア、筋トレ、熱帯魚。

子供は中学生と小学生の2人。

日々料理を楽しみ、筋トレ、プチダイエットも継続中。

超人気レシピブログ「魚料理と簡単レシピ」も執筆。