【男性編】あなたが食べてみたいと思うご当地鍋ランキング


本場の新鮮な食材にこだわりたい男性





鍋が美味しい季節の到来!毎年さまざまな鍋が登場しますね。日本全国にそれぞれの都道府県ごとに自慢のご当地鍋もたくさんあります。そこで今回は、432名のマイナビ会員の男性にあなたが食べてみたいと思うご当地鍋のアンケートを行いました。寒い冬だからこそ体の芯から温まりたいですね。それでは早速ご当地鍋ランキングをみてみましょう。





Q.あなたが食べてみたいと思うご当地鍋を教えてください(複数回答)

1位 北海道 石狩鍋 20.6%

2位 山口 ふぐちり 19.0%

3位 福岡 もつ鍋 14.6%

4位 東京 すき焼き 14.1%

5位 広島 牡蠣鍋 11.1%







■北海道 石狩鍋

・「たっぷりの海の幸を堪能したい」(31歳/機械・精密機器/ 技術職)

・「寒い場所で温かい鍋は最高だと思うから」(34歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「本場の新鮮な食材で食べてみたい」(49歳/機械・精密機器/技術職)





■山口 ふぐちり

・「高級料理なので一度は食べてみたい」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「ふぐを一度でもいいから食べてみたいから」(26歳/金融・証券/営業職)

・「てっさ、てっちり食べ放題」(40歳/建設・土木/事務系専門職)





■福岡 もつ鍋

・「食べたことがある人はみんなおいしいというので」(26歳/自動車関連/事務系専門職)

・「福岡出張の際はいつも楽しみでした」(34歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「本場のもつ鍋がどれぐらい違うのか興味があるから」(28歳/運輸・倉庫/技術職)





■東京 すき焼き

・「シンプル・イズ・ベストで一番おいしいと思うので」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「東京に住んでいながら、まだあまり食べたことがないので」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「高級なすき焼きを堪能してみたい」(28歳/建設・土木/技術職)





■広島 牡蠣鍋

・「一度牡蠣を食べに広島に行きたいと前々から思っているので」(31歳/金融・証券/営業職)

・「焼き牡蠣は食べたことがあるが鍋を食べた経験がないから」(29歳/商社・卸/労務職)

・「広島で食べた牡蠣鍋は本当においしかった」(35歳/人材派遣・人材紹介/経営・コンサルタント系)





■番外編:こんなご当地鍋も食べてみたい!

・北海道 ジンギスカン鍋

「北海道の広大な土地で開放的な気分を楽しみながら味わいたい」(33歳/情報・IT/技術職)

・八戸 せんべい汁

「B-1グランプリをとったから」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・京都 湯豆腐

「中学の修学旅行で食べた嵐山の湯豆腐が今までで一番おいしかった食べ物」(44歳/医療・福祉/専門職)

・東京 どじょう鍋

「ドジョウ鍋は今年食べに行った。ネギをたくさん入れて、思った以上においしかった」(32歳/情報・IT/ 営業職)

・和歌山 はりはり鍋

「鯨こそ日本の食文化なので本場を食べてみたいし、日本中に伝えたい」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)





総評

1位は北海道の「石狩鍋」でした。雪が降りしきる寒い土地で熱々の鍋をつつきたい、そういった意見が多くみられました。また新鮮な鮭が食べられるのも北海道ならでは。みそ仕立ての石狩鍋は郷愁を誘う味なのかもしれませんね。





2位の山口「ふぐちり」では、「高級食材だから一度は食べてみたい」といつかは必ず!と機会を待っている男性が多かったです。

3位は福岡「もつ鍋」。一時期ブームになったこともあり、全国各地にお店はありますが、それでもやはり本場のもつ鍋を食べてみたくなるようです。





4位の東京「すき焼き」は、東京に住んでいても食べたことがないと回答した男性が多かったです。老舗の味はまた格別。自分へのご褒美にたまにはいかがでしょう。5位の広島「牡蠣鍋」は男性編でのみ上位ランキングされています。これからが牡蠣の本番!旬の時期にぷりぷりした食感の牡蠣を本場で味わいたいといった意見が多かったです。





番外編にあるように、2012年第7回B-1グランプリで1位を獲得した「八戸せんべい汁」、珍しい鯨肉の和歌山「はりはり鍋」を選んだ人もいました。日ごろは味わえないような鍋を旅先だからこそ食べてみたいのかもしれませんね。今年の冬はどんなご当地鍋に出会うのでしょうか。

(文・OFFICE-SANGA 寺本亜紀)





調査時期:2012年11月12日〜2012年11月19日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性432名

調査方法:インターネットログイン式アンケート