大船渡での取材光景。

写真拡大

■伏線と複線

大船渡高2年の伊藤英理さん。「なりたいもの」は教職、栄養士、国際関係、医療。それぞれのきっかけを教えてください。

「医療は、ただ言ってみて、格好いいなと思って、ちょっと思っただけ(笑)。栄養士の方は、学校の授業で進路を探すための職業調べみたいなのをするんですけど、そのとき適性チェックとかしているうちに進んでいったら栄養士っていうページが出てきて、それを読んでいたら『なってみたいな』って思って。教師の方は、お母さんが大船渡で小学校の先生やってて、話とか毎日聞いてて。あと、中学校の時の職業体験で小学校に行っって、体験授業みたいなのもをちょっとだけやらせてもらって、楽しいなって思って。今のところ、教職を一番に考えています。あと、国際関係のきっかけは、アメリカの研修(注・「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」のこと)です。(じっさいにどこで働くかは)進学先に左右されそう。『この職業になりたい』っていうガッツリしたのが全然ないから、大学でもいろんな新しい体験して、また左右されるかな……。アメリカでもすごくグイッて曲げられたし。曲げられたっていうか、変えられたっていうか」

「TOMODACHI〜」の3週間で、合州国で働いている日本人から受けたインパクト、大きかった?

「もう視野がグワッて広がったかんじで。会う人会う人が自分の知らない職業の人ばっかりで、聞くと、ほんとに誰もが好きでやっていて、すごい楽しそうに話してくれて。今まで知らなかった職業もいっぱいあって、損したなと思って」

えっ、まだ高校生だから損していないのでは?

「でも、こっちで知っていた職業は、よく聞く職業というか、身近にいるような職業しか知らなくて、その範囲の中で自分も考えていたところがあって。もっといろんな人の職業を、もっともっと知りたいなと思いました。授業でやった職業調べのときに、向こうで知ったような職業をもっと知っていれば、それについてもたくさん調べることができたなと思ったので、損したなと思って」

取材から2カ月後、メールを送って訊いてみた。その後、やってみたい職業のイメージが固まったり、増えたり、絞り込まれたりしましたか?

「やっぱり英語はやりたいです。今、考えているのは大学の教育学部で初等教育を取ることなんですけど、英語の教員免許も取りたいです。やっぱり、お金的にも国公立にいきたいと思いまして。大学は宮城教育大とか岩手大とか北海道教育大を考えています。できれば関東のほうにいきたいんですけどね(笑)。わたしが重要視していることは、留学制度がしっかりしていること。留学で行ける大学がたくさんあることです。留学もしくは海外との交流ができる国公立がいいんです。教育学部にこだわらなくてもいいというのが、わたしの考えなんですが、『それでは就職先が大変』と、親にも先生にも言われているので、教育にいこうかな、というわけなんです。今後の進路面談でどうなるかですが、教育学部で小学校の先生を目指す初等教育課程で勉強することになるのですが、ふくせんで英語の教員免許もとりたいな、というわけです」

「ふくせん」は、「伏線」と「複線」のダブルミーニング。合州国での体験で、一旦は大きく拡がった「やってみたい仕事」が、取材から2カ月の間に、本人の意思で絞り込まれ始めている。この「絞り込まれ方」は、高校生1人ひとりずつ、実に多様だ。次に話を聞いた高校生の場合は、なりたい仕事が「ガッツリ」あり、そこに合州国での体験が付加されたというパターンになる。

■看護師にもいろいろあるんです

金野史絵(きんの・ふみえ)さんは大船渡高等学校2年生(文系クラス)。自宅は大規模半壊。「ちょうど1年くらい前にリフォームも終わり住んでいます」。金野さんはサッカー部のマネジャーをしている。12月7日の金曜日夕方、久方ぶりの大きな揺れが襲い、大船渡にも津波警報が発令されたとき、金野さんは部活の最中だった。「なかなか揺れもおさまらず怖かったです。あの日の事を思い出してしまい、家族の安否が凄く気になりました。学校の一室に学年ごとに集められ、家族が来るまで帰らせてくれませんでした」。

「将来、何屋になりたいか」と訊いたとき、金野さんは、就きたい仕事への思いが震災の体験によって「さらに強くなった」と話してくれた。

「ガッツリ看護師になりたいです(笑)。小学校の頃から変わらずなんで」

看護婦(男性は看護士)の名称が看護師に変わったのは2002(平成14)年3月。まさに金野さんが小学生のときだ。看護婦が看護師になったのは、金野さんとして良いことなんですか。

「はい。看護婦より、文字的に引き締まったかんじ。看護“師”の方が格好いい(笑)。うちは弟、体が弱くて、毎週毎週病院行ってたんです。だから看護師がすごい身近で、わたしも友だち感覚で話してたんです。お母さんやお父さんの仕事よりも、そっちの方が身近になって、なりたいなって思って」

金野さんのお父さんは大船渡市の職員。博物館の館長さんだ。お母さんは魚市場の中にある会社で事務の仕事をしている。23歳のお兄さんは介護福祉士だ。

「ちっちゃい頃って、あまり職業も知らなくて、わかっているのは看護師ぐらいしかなくて、それで看護師志望だったんですけれど、震災とか見て、なりたいって思いはさらに強くなりました。看護師さんって傷を治療するだけじゃなくて、話し相手にもなれる。いろんな世代の人たちと話しながら、関われる。そういう看護師さんになりたいなって今は思っています」

「TOMODACHI〜」を体験して、進路のヴァリエイションが増えた人もいます。金野さんの場合はどうですか。

「わたしもやってみたいことは増えましたが、『看護師を基準に』なんですよ。『看護師』という軸はブレずにしっかりあって、その周りにやりたいことがどんどん固まってきてるってかんじです。 アメリカに行ったことで、 無理だって思っても、自分がやろうとさえすればなんでも出来るということを学びました。自分の思うままに生きたほうがいいということも」

金野さんは「看護師にも、いろんな看護師がいるんです」と教えてくれた。

「特定看護師という、凄い難しいことを扱ったりする看護師さんもいれば、ちょっと違った職が混ざっている看護師——たとえば自衛隊の方の看護師さんだと、銃を撃つ訓練とかもしてたりするし——普通に病院で働いている看護師さんだけじゃなくて、そういうのも知りたいなと思って」

特定看護師ということばをこちらは知らなかった。

(次回に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)