男性が経験した大失恋 - 「同棲中に音信不通」「初告白を一瞬で断られた」

写真拡大

恋には始まりがあれば終わりがあるもの。

どんな終わり方だったとしても、深い悲しみと心に傷を負うものだ。

あなたにも、つらくて忘れがたい失恋の経験が1つや2つあるかもしれない。

今回はマイナビニュース会員のうち独身男性300名に、大失恋の経験があるか聞いてみた。

Q.大失恋、経験ありますか?はい 8.3%いいえ 91.7%Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)どんな失恋でしたか?どんな気持ちでしたか?■結婚を考えていたのに……・「結婚を前提にお付き合いしたく、相手の両親にあいさつに行ったら『うちの娘を幸せにできそうにないから、お付き合いは認められない』といわれ、その後お付き合いを止めることになりとても悲しかったです」(46歳男性/医療・福祉/専門職)・「めちゃくちゃ好きで結婚も前提に考えてたけど、結局ダメになってしまった」(28歳男性/運輸・倉庫/技術職)■告白に失敗・「初めて自分から告白したが、刹那に断られた事」(29歳男性/自動車関連/技術職)・「ずっと片思いで振られ続けつらかった」(26歳男性/建設・土木/技術職)■デートも頑張ったのに!・「大学生時代、バイト先で知り合った女子高生と付き合っていてクリスマスまで一緒だったが、バイト先でデートの自慢をしていたことがバレて嫌われてしまった」(42歳男性/電機/技術職)・「20歳の頃に付き合っていた5つ年上の女性……ライバルの影が多かったので、銀座デートをしたり、高級店巡りしたりとか一生懸命背伸びをしたのですが、結局別の人と結婚してしまいました」(47歳男性/ソフトウェア/クリエイティブ職)■他の男性に奪われた・「後輩に彼女を寝取られた」(31歳男性/機械・精密機器/技術職)・「二股をかけられ1カ月後に結婚していた」(29歳男性/食品・飲料/その他)・「社内の子がバツ2の男に”できちゃった婚”で持っていかれた」(48歳男性/その他/その他)■タイミングが悪かった・「お互い好きだったけど、向こうに彼氏がいた」(24歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)・「告白してふられたが、以前は両思いだったことがその時に分かった……完全にタイミングを逃した」(23歳男性/運輸・倉庫/販売職・サービス系)■その他・「同棲中に突然連絡がつかなくなった」(33歳男性/機械・精密機器/営業職)・「社内恋愛でふられて、仕事で顔を合わせるのがとても気まずかった」(39歳男性/その他/その他)■総評大失恋の経験が「ある」と答えた独身男性は8.3%で、意外と少ない結果となった。

一般的に女性より男性のほうが過去の恋愛を引きずりやすいと言うが、失恋したら大も小も関係なく傷つき、いつまでも引きずる男性が多いということなのかもしれない。

中でもダメージが大きいのが、結婚を考えていた相手との別れ。

男性にとって結婚は、責任の伴う重い決断。

真剣に将来を考えていた相手と別れなければならないというのは、さぞかしつらいことだろう。

なかには、3年以上付き合った女性に一大決心をしてプロポーズをしたにもかかわらず、返事すらもらえないまま破局したという本当に気の毒な人もいた。

大好きな彼女を他の男性に奪い取られるのも、苦々しい失恋のひとつだ。

とりわけ、会社の後輩など顔見知りに奪われるというのはショック倍増。

男のプライドも大きく傷つき、忘れがたい思い出となるようだ。

このようなつらい失恋を経験すると、再び傷つくことを恐れ、恋に臆病になりがちだ。

傷が癒えるのに時間はかかるかもしれないが、失敗の経験を糧にして次なる恋に備えよう。

調査時期: 2012年11月22日〜2012年11月30日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 男性300名調査方法: インターネットログイン式アンケート