カラーはブラックのみ

写真拡大

パナソニックは2012年12月13日、「LUMIX」シリーズからミラーレス一眼カメラ「DMC-GH3」を発売した。価格はオープンだが、ボディーのみの想定実売価格は13万円前後とみられる。

「質感描写にこだわり」

新開発の16M Live MOSセンサーや新設計ローパスフィルター、高速画像処理ヴィーナスエンジンの搭載により、「自然で立体感のある質感描写にこだわった高品位写真画質を実現した」というシリーズ最上位モデルだ。オートフォーカスは、センサー/レンズ制御の240fps駆動化を達成し、さらなる高速化を図った。

従来機「DMC-GH2」からの動画記録性能もさらなる充実化を図り、高フレームレート60p、高ビットレート72メガビット毎秒(ALL-Intra)/50メガビット毎秒(IPB)というフルハイビジョン動画性能を実現したほか、AVCHD・MP4に加え新たにMOVフォーマットによる記録方式を追加することで、映像作品分野でのさまざまな撮影・編集用途に合わせて使用できるようにした。

操作性では、3つのダイヤルと各機能ボタンを配列した新コントロールレイアウトにより直感的なダイレクトマニュアル操作を実現し、ファインダー・背面モニターには高コントラストと高速応答性を誇る有機ELディスプレーを採用している。