本音全開のロマンティック・コメディー!
12.15(土) ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

(c) 2012 Lions Gate Films Inc. and Alcon Entertainment, LLC. All rights reserved. 

写真拡大

いよいよクリスマス・イブまでカウントダウン間近。今年は大好きな人と一緒に過ごして、もしかしてプロポーズされちゃうかもなんて方もいるのでしょうか?(私はその日は仕事です)

たとえ、そうでなくても「この人と一生一緒に生きていきたいな」と思える人を既に見つけている方もいるはず(私は最近、猫を飼い始めました)。

そして最愛の人との恋愛の先に見えてくるのは、“2人のベイビーの誕生”という選択肢。たまに選ぶ予定なく、結果が先にやってきちゃった! なんてケースもありますが、特に女性にとって出産は人生の大きなターニングポイント。今回ご紹介する『恋愛だけじゃダメかしら?』は、それまでの生き方すらも変えてしまう“妊娠→出産”にスポットを当て、登場する5人の“プレママ”たちの実態を風刺とユーモアたっぷりに描いたガールズコメディ。さっそくストーリーからご紹介したい。

ストーリー


超人気ダイエット番組のカリスマトレーナー、ジュールズ(キャメロン・ディアス)は、ダンサーのエヴァン(マシュー・モリソン)との子どもを想像よりずっと早くに妊娠。産む!と決めたはいいものの、出産ギリギリまで仕事を優先させたり、赤ちゃんの将来について互いの意見がくい違ったりと急にケンカの絶えない日々に。

一方、ホリー(ジェニファー・ロペス)は不妊体質に悩んだ結果、養子を招くことを夫のアレックスに(ロドリゴ・サントロ)持ちかける。絵本と赤ちゃんグッズの店のオーナー、ウェンディは(エリザベス・バンクス)待望の妊娠に成功、これから幸せな日々が始まると思いきや、便秘、腰痛、妊婦ゆえの苦労が待っていた!? しかも、旦那の義母までも双子の赤ちゃんを妊娠!ライバル心も募り出す。また、ロージーはつい出来心の一夜でマルコとの間に赤ちゃんが……5人の“プレママ”たちは果たしてどんな運命に!?

原案は、世界中で愛され続けている妊婦のバイブル!


原案は、全世界で3500万部を突破している妊婦のバイブルといわれる「What to expect when you are expecting a abay」。日本でも発売されていて(「すべてがわかる妊娠と出産の本」(アスペクト刊))評価も高い。これは、著者のハイディ・マーコフ自身が妊娠時の体験を元に書いた妊娠エッセイで、妊娠で起きる女性の身体の変化、周囲の無理解、キャリアへの影響など、誰にも相談できなかった悩みや不満、疑問がぎっしり詰まっている。そのマーコフ自身が、今回製作総指揮を務め、人気脚本家ショーナ・クロスが自身の最近の妊娠(偶然だったのだそう!)、及び、ここ数年に初めて親になった友人20人に起こった不運な出来事を取り入れて執筆。『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』(05)のカーク・ジョーンズ監督がこれら5組のカップルの群像劇をリズミカルなテンポで笑いと心温まる話を織り交ぜながら女性の多くが共感できるヒューマン・コメディに仕上げた。

キャメロン・ディアス、ジェニファー・ロペス、注目の女優たち


“プレママ”になって、夫との関係やキャリア、自分の体など、とかく上手く物事が運ばない現実に、泣いたり叫んだり、心優しき旦那に助けられたり、そんな悲喜こもごもを魅力いっぱいに演じたのが、ラブコメの女王の名にふさわしく、若干ぶっ飛んだキャラを熱演のキャメロン・ディアス、実際は双子を出産、様々な資金トラブルも何のその、シングルマザーで大活躍のジェニファー・ロペス、『崖っぷちの男』などクールな役から大統領夫人までどんな役でもこなすエリザベス・バンクス(ここでは最高に笑わせてくれる)、『バトルシップ』のヒロイン役で一躍有名になったブルックリン・デッカー。『マイレージ・マイライフ』でアカデミー助演女優賞にノミネートされたアナ・ケンドリックと、魅力的な女優陣が勢ぞろい。彼らの個性にマッチしたファッションも是非注目を。

ちなみに男性陣には「Glee」のマシュー・モリソン、「ゴシップガール」のチェイス・クロフォード、『パンドラム』のデニス・クエイド、『マダガスカル』のクリス・ロックと、これまたバラエティ豊か。イクメンたちが交わす(本音)会話の数々も見逃せない。

さいごに


本作はさながら『ラブクチュアリー』や『ニューイヤーズイブ』のような群像劇のスタイルで描かれる、この時期にピッタリとも言えそうな、王道の心温まるヒューマン・コメディ。なのだが、決してキレイ事では済まされない妊娠〜出産のリアルな女性の気持ちもしっかりと描かれているだけに、これから子供が欲しいと思っている人もそうでない人も、自分の人生を重ねながら、気づかされることは沢山ありそう。妊娠〜出産は本当に大変だと嘆く友人を、私自身知っているけれど、と同時に「生まれた時の幸福感は何にも変えられない。」と恍惚の笑みをたたえて話してくれる。辛いことも楽しいことも、悲しいことも、嬉しいことも、そのもの全てが人生。そんな日々をどうやったら前向きに乗り越えていくことができるのか。それは決して1人じゃ出来ないってことを本作を教えてくれる。

そろそろ恋愛だけじゃない、その先を考えたい方は勿論、大好きな彼と見に行くと新たな新展開もあるかも? もちろん、私みたいに1人で鑑賞もアリです。
(mic)

『恋愛だけじゃダメかしら?』
監督:カーク・ジョーンズ
出演:キャメロン・ディアス、ジェニファー・ロペス、エリザベス・バンクス、アナ・ケンドリック、マシュー・モリソン、チェイス・クロフォード「ゴシップガール」、クリス・ロック『マダガスカル』