【女性編】子どものころに、大人っていいなぁと思っていたことランキング


早く大人になりたかった!





子どものころに、早く大人になりたいと思ったことはありませんか? 実際になってみると、大人なんて大変なことばかり……ではありますが、子どもから見るとうらやましいところがいっぱいです。そこで今回は、542名のマイナビ会員の女性に、子どものころに、大人っていいなぁと思っていたことについて聞いてみました。





Q.子どものころに、大人っていいなぁと思っていたことを教えてください(複数回答)

1位 何でも好きなものが買える 43.7%

2位 夜更かしできる 28.8%

3位 勉強しなくて良い 21.2%

4位 学校に行かなくていい 19.9%

5位 親から文句を言われない 18.4%







■何でも好きなものが買える

・「自分のお小遣いが少なかったので、大人のお財布がすごく気になった」(24歳/商社・卸/営業職)

・「何でも自由に買えることがうらやましかった。自分が大人になったら何でも買おう、なんて思っていたけど実際はアホらしくて買えない」(28歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「自分たちには到底買ってもらえない物を、大人のいとこなどが自分のお金で買ったんだと自慢話などをしていて、それがとてもうらやましかった記憶があります」(30歳/小売店/販売職・サービス系)





■夜更かしできる

・「夜更かしして、好きなテレビを見ていられるのがうらやましかった」(24歳/金融・証券/営業職)

・「夜中ゲームをしていて、うらやましかった」(28歳/電機/技術職)

・「子どもに早く寝なさいと言っておいて、自分たちは何をしているのだろうと気になっていた」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)





■勉強しなくて良い

・「勉強のほうがよっぽど楽だと悟った」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「大人になると勉強しないんだろうと漠然と思っていたが、社会人になってからいろいろ試験があったり、親を見ていてもいろいろ勉強している」(27歳/金融・証券/専門職)

・「試験勉強がかなりつらかった。大人になれば解放されると思っていた」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■学校に行かなくていい

・「テスト期間中の学校がしんどくて仕方なかった」(30歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「学校に行かなくていいなと本当に思った。今は逆。学校に行けて、仕事しなくていいなと思う」(28歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「学校が嫌いだったので、自分で仕事が選べる大人がうらやましかった」(27歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)





■親から文句を言われない

・「親から文句を言われないと思っていたが、大人になったらなったで結婚しなさいと文句を言われる」(26歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「いつも親が怒っていたが、親に怒る人がいなかったから」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「誰からも干渉されないのが良いと思っていた」(26歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)





■番外編:母親の化粧品をつかって、ドキドキしながら初めてのメイク!

・食べたいものが食べられる「子どものころは、食生活は厳しかったです。ジャンクフードは食べたことがありませんでした」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・化粧ができる「子どものころ、母親の化粧品が気になって、こっそり使ったことがあります」(29歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・お酒が飲める「お酒を飲んでいるときの両親が楽しそうで、うらやましかった」(32歳/その他/事務系専門職)





総評

1位は「何でも好きなものが買える」でした。親や周囲の大人たちは、本当に何でもポンポン買っているように見えますよね。それなのに、子どもである自分にだけは、ダメだと言う。なんて意地悪なんだろうと思った経験がある人も多いことでしょう。2位は「夜更かしできる」。見たいテレビを見せてもらえなかった、というコメントが多数ありました。





3位と4位は学校関連がランクイン。毎日学校へ行って、勉強して、テストを受けてという日々は、子どもにとっては大変です。それでもやはり、大人になると、学校よりも仕事の方が大変だったと感じている人が多いようですね。ただ、学校に通うこと自体が苦痛で、早く仕事をしたかったという人もいました。





5位は「親から文句を言われない」。しかし、大人になったからといって、親子の関係性が変わるわけではありません。実際には、大人になった今でも、親から文句を言われている女性は多い様子。





番外編では、化粧ができることをうらやましく思ったという意見もありました。女の子にとって、化粧品はあこがれの的ですよね。日々のメイクが面倒だと感じている女性も多いと聞きます。あのころの気持ちを思い出せば、メイクがまた楽しくなるかもしれませんよ。

(文・OFFICE-SANGA 森川ほしの)





調査時期:2012年10月15日〜2012年10月20日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性542名

調査方法:インターネットログイン式アンケート