取材前に覗いた大船渡のまちづくりワークショップ。

写真拡大

■巻き込まれ型リーダーシップ

大船渡高校2年生の廣野秀幸さんは、中学校の数学教師志望。廣野さんは「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」に参加し、現地で数学教師をしている日本人男性に会って話を聞く機会があった。

「40歳代くらいの方だと思います。最初は広告代理店に務めていて、アメリカに出張して、その時にちょうど日本語の先生が足りない学校があったらしくて、頼まれて先生の仕事を受けたら想像以上に楽しくて、このまま続けたいと思ったそうです。それから勉強して、カリフォルニアの学校の数学の先生になったそうです。向こうで話を聞いて、海外で先生になることのイメージが湧いてきました。今のところ、8対2くらいで、海外で働いてみたいと思ってます」

作文で「何となく」先生になりたい、と書いた。それがきっかけになった。その仕事が、海外でもやれるものだということに気づいた。さらに廣野さんは、自分が「巻き込まれ方リーダー」だということも発見したらしい。「TOMODACHI〜」のテーマは、被災地復興のリーダー育成にある。そのことをどう考えているか、廣野さんに聞いてみた。

「帰って来て親に話したら、何だっけな、本当のリーダーシップは、上に立つんじゃなくて、下の人と一緒になって話を聞くとか、そんなかんじのことを言われました。ピラミッドのてっぺんじゃなくて、円の中心点。親が言ってくれたのは、もっと格好良かったと思うんですけど(笑)。でも、そう言われて、やっとリーダーシップの形が見えてきたというか。日本の学校で学級委員を選ぶときとは違いますね。向こうでは、生活しているうちに勝手にリーダーができるかんじです。勝手に引っ張ってくれる人が出て、それが続いていくうちに、その人が信頼されてリーダーになっていくかんじ。向こうに行くまでリーダーシップって考えたことなかった。考えるきっかけになって良かったと思います。ぼく、小学校の頃から上に登らされるタイプなんですよ。なりたくてやってるわけじゃなくて。巻き込まれ体質? そうですね。親からも『それがお前のリーダーシップだ』みたいなことを言われました。T4Mも最初は4人で始まったんですけど、面白そうだから入ってみようかなって入ったら、そのまま上に上がっちゃったみたいな。宮城の2人に騙されて入った? そんなところです(笑)。それはなんでかなというのが今回気づけたというか」

T4M(ティ・フォー・エム)は、「TOMODACHI〜」参加者内の有志によるグループだ。Talking, Thinking, Tohoku, TOMODACHI の「T」、for, four(最初に始めた4人の意)の「4」、Motivation, Movement の「M」。合州国での体験を一夏の思い出で終わらせることなく、今後も継続していくための集まり。3週間の終わり際に、宮城県石巻市から来た高校生が提唱し、仲間を集めた。アップルストアでの発表会の際、こちらは彼に「具体的に何をやるのか、よくわからんのですが」と意地悪な質問をした。イベント終了後にその高校生に詳しい話を聞こうとすると、自分は3年生なので、このあとのリーダーは彼です、と紹介されたのが廣野さんだった。廣野さんはこちらに一方的に「取材の窓口」と任じられ、質問を浴びせられる羽目になった。確かに「巻き込まれ体質」である。

廣野さんのように、合州国での経験で進路のヴァリエイションが広がった高校生は少なくない。次に登場する高校生は「アメリカに行ったら、いろんなのに興味ができちゃって、なりたいのがわからなくなったみたいなかんじ」と語っている。

■「リアス式海岸、嫌い」

大船渡では、廣野秀幸さんを含め6人の高校生に会った。全員が大船渡高校に通っている。同校は、震災後、三陸を中心に支援活動を続けるサッカー選手小笠原満男(鹿島アントラーズ)の母校でもある。2012年3月の卒業生211人のうち、75人が国公立大学に現役合格。就職者は5名ときわめて少ない。

伊藤英理(いとう・えり)さんは大船渡高等学校2年生(理系クラス)。自宅は太平洋に面した半島にある旧三陸町の綾里(りょうり)という町だ。『東日本大震災津波詳細地図(上巻)』を見ると、綾里の町は最大波高14.79メートルの津波に襲われている。

「自宅は大規模半壊とされました。リフォームしてまた住んでいます。家は自営業です。伊藤輪店、伊藤マリンサービスを父がやっています。自転車やったり、船つくったり修理したり、船外機直したりとか。あと、ガスの仕事もしていますので、父はガスコンロの修理に行ったりもしています。大船渡市議会議員もやってて、2期目です。お父さん、ギター上手いんです(笑)。アコースティック専門なんですけど、お兄ちゃんからもらったわたしのエレキ貸せば弾けます。お兄ちゃんは北海道教育大学の函館校に通ってます」

伊藤さんの通学時間は、震災がなければ今の3分の1になるはずだった。

「鉄道があれば、一直線に10分で行けます。今はお母さんの車で通ってます。朝は混み合って大変ですが、30分くらいですかね? バスは45分ほどかかるので朝は使いません」

取材後、参加してくれた高校生の家のガレージで焼肉パーティが行われた。こちらも参加させてもらい、炭火熾しに従事しているうちに夜が更けた。車で伊藤さんを家まで送ったのだが、遠かった。大船渡湾をぐるりと回り込み、車はカーブが連続する真っ暗な山道を延々と走る。車中で伊藤さんが言う。

「リアス式海岸、嫌い。海岸線、真っすぐにしたい」

大船渡は今、鉄道ではどことも繋がっていない。震災前は、南に向かってJR大船渡線が盛(さかり。大船渡駅のひとつ北にある)と宮城県の気仙沼を繋ぎ、北に向かっては盛から釜石までを三陸鉄道南リアス線が繋いでいた。綾里から大船渡高の最寄り駅である盛までは、わずか2駅。三陸鉄道は来年春には吉浜〜綾里〜盛で運行を再開する予定だ。伊藤さんの高校生活最後の1年には間に合うことになる。一方で、JR東日本は気仙沼〜盛間の復旧計画を発表していない。来春からBRT(Bus Rapid Transit, 専用路線走行バス)を走らせることだけが予定されている。

さて、伊藤さんは将来、何屋さんになりたいですか。

「アメリカに行く前は、教員とか英語関係に興味があったんですけど、でもアメリカに行ったら、その考えが飛んだっていうか、何かまったく世界が違って、今、いろんなのに興味が出てきちゃって、興味がありすぎて、いろんなことが魅力になって、なりたいのがわからなくなったみたいな。まず教員、栄養士。あと、ざっくり国際関係、英語と関わりたいと思って。あと、向こうでボランティア活動的な話を聞いた時に、医療の方にも興味を感じて」

「TOMODACHI〜」に行って視野が広がった。そう語る高校生は実に多い。だが、伊藤さんはそのことを「損したなと思って」と表現した。

(次回に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介 )