全国にあまたある「あるあるネタ」。日頃密かに気になっていたことがネタになるため、つい盛り上がってしまいます。最近では、「あるあるネタ」の代表格でもあるレイザーラモンRGが、「新党あるある」を立ち上げ。YouTube上で政見放送を公開しました。10個の公約を発表するなど、週末の衆議院議員総選挙に向けて意気込んでいます。

 そんな「あるあるネタ」ですが、書店員目線の「あるある」が書籍化されました。どんな街にもある本屋さんですが、意外とその内実は知られていません。関東にある某書店の店長が集めた「あるあるネタ」には、書店員のみならずお客さん目線でも頷けるものがしばしば。書籍『書店員あるある』は、本を売る側の書店員が、本を作る側にまわった、不思議な一冊です。

■オタク客あるある
「在庫を全部見せて」と言って、そこから最高の美品を吟味して買っていく。

■リーマン客あるある
座り読み用のイスに、開店から閉店まで座り続けた会社員。食事、トイレ、てか仕事は?

■新人あるある
面接で自分の本好きを熱く語る人ほど、実際の接客には向いていない。

■本部社員あるある
本部から来た社員に、ベテラン店長がペコペコしている。なんかくやしい......。

■追悼あるある
有名作家の訃報を耳にした30分後には、追悼コーナーが完成。

■制服あるある
地味女子を自認しているが、書店のエプロンをつけているときだけ、3割増しでモテる。

■カバー掛けあるある
客が同時に来ると、ついレジのスピードを競ってしまう。

■取り寄せあるある
書名ではなくISBNコードで注文するお客さま。「おぬし、できるな」という気分になる。

■問い合わせあるある
「少年が修行を積んで敵を倒す名作マンガ、ありますか?」と父親に聞かれたが......。

■昼休みあるある
事務室でランチ中、仕切りの向こうから万引き犯の取り調べが聞こえてくる。

■クリスマスあるある
12月26日の朝、店内はクリスマスから正月に一変する。

 いかがでしたでしょうか、「書店員あるある」。書店員ならではの気付きやツッコミに、頷けるものもあったのではないでしょうか。どうやら、12月26日の朝は大忙しのようです。手帳やカレンダーの売り上げがピークに。午後からは、「今年のベストセラー」のコーナーに、大掃除を抜け出してきたおじさんたちが群がる光景も。これも書店員あるあるの一つです。



『書店員あるある』
 著者:書店員あるある研究会
 出版社:廣済堂出版
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
「ケータイを持たない最後の一人になりたい」 ある男の挑戦とは?
あなたの忘年会太りにも効果的! ロングブレスダイエット200万部突破!
見渡す限りの森・アート完備・トゥクトゥク式送迎サービス......R不動産が「団地」の魅力を再発見


■配信元
WEB本の雑誌