宮城県の仙台・宮城デスティネーションキャンペーンにあわせて関連商品発売

写真拡大

宮城県で「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」が2013年4月1日〜6月30日まで開催されることに関連して、「むすび丸」年賀状が発売された。

キャッチコピーの「笑顔咲くたび 伊達な旅」が印字されている。

同キャンペーンは、JR6社と自治体、地元観光業界などが共同で実施する大型観光PR企画。

宮城県では2度目となる。

今回は「再興」、「連携」、「創造」、「感謝」の4つのキーワードの元に、「仙台・宮城らしい多彩な旅の提案、都市型観光の推進」、「地域の”食”の充実・掘り起こし」、「震災の記憶・復興への歩みを伝達」など7項目に取り組むとのことだ。

キャンペーンに先立ち、県内をはじめ、全国的に広く認知してもらう事を目的に、年賀はがきに「むすび丸」の絵柄及び仙台・宮城DCのキャッチコピーを印刷したオリジナルの年賀はがきが販売される。

1セット(50円×1種20枚入り)で、1,000円(税込み)。

販売期間は11月21日〜12月28日まで。

ただし、売り切れ次第修了。

販売枚数は5万枚。

販売場所は下記の通り(県内の郵便局窓口での販売は行っていない) ・仙台なびっく(仙台市青葉区一番町四丁目4-35) ・東北ろっけんパーク(仙台市青葉区中央二丁目5-8) ・WEBサイト「せんだいタウン情報machico」内のマチモールコーナーにて通信販売 ちなみに、「むすび丸」とは、宮城県観光PRマスコットキャラクターのこと。

仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会事務局所属宮城県観光PR担当係長でもある。

おにぎりの頭にかぶとをかぶり、伊達政宗をモチーフとした武将の装束を着ている。