勢い増すエールフランス、2014年には羽田就航も

写真拡大

エールフランス航空(本社 フランス・パリ)はこのほど、アレクサンドル・ド・ジュニアック代表取締役社長兼CEOが初来日し、記者会見を行った。

エールフランスは今年、日本就航60周年を迎えた。

この記念の年に同社は日本路線の拡大とサービスの強化を表明。

来年4月3日に同社グループのKLMオランダ航空が福岡 - アムステルダム線を週3便のスケジュールで開設する。

また、2014年3月に予定されている羽田空港の国際線発着枠の拡大時に、自社運航での羽田 - パリ線の就航を目指すと発表した。

「現在はボーイング777型機の使用を予定しているが、羽田空港の環境が整えばエアバスA380を就航させる」(ジュニアック氏)。

日本路線は震災からの復興もあり、2012年は9月までで成田線が87%、関空線が84%と高いロードファクター(座席利用率)を達成。

座席供給量を30%増やしたところ、需要も30%増えた」。

フランスへの旅行者が多いという。

エールフランスは総2階建てのエアバスA380を日本路線に使用しているうちの1社。

「ラ・プリミエール」(ファーストクラス)、「アフェール」(ビジネスクラス)、プレミアムエコノミー、エコノミーの4クラスを設置している。

広々としたキャビンにはムードライティングを採用。

日本路線は他路線に比べプレミアムエコノミーの人気が高い。

シートのピッチ(前後間隔)も幅もエコノミーより20%余裕を持たせ、ビジネスクラスを彷彿とさせる幅広い革製のアームレストを採用。

疲れを軽減し、リラックス度を高める人間工学に基づいたシェル型シートが特徴だ。

また、2012年夏にはパリのシャルル・ド・ゴール空港に世界で最も広いビジネスラウンジをオープン。

成田空港のラウンジの改装も終了間近だ。