19歳限定! 日本全国の131ゲレンデでリフト券が無料に

写真拡大

リクルートライフスタイルに設置された観光に関する調査・研究、地域振興機関「じゃらんリサーチセミナー」はこのほど、「雪マジ! 19 〜SNOW MAGIC〜 2012」の会員登録を開始した。

雪マジ! 19 〜SNOW MAGIC〜 2012は、今年度の19歳を対象に、日本全国131ゲレンデでリフト券が無料になるというプロジェクト。

対象は1993年4月2日〜1994年4月1日生まれの男女で、対象期間は2012年〜2013年冬季シーズンとなっている。

2011年度に引き続きの実施で、昨年度の19歳(今年度の20歳)には、「無料リフト券」をインセンティブに「2012年度19歳後輩紹介キャンペーン」を実施する(紹介者リフト券は先着5,000枚)。

利用方法は、公式サイトの会員登録コーナーより登録をし、登録時に発番された会員番号と写真付き身分証明書をスキー場でリフト券交換時に提示する。

登録は無料。

さらに、20歳〜22歳の利用者が福島県内のスキー場で平日リフト券無料になる「雪マジ! ふくしま」も実施。

期間は来年1月15日〜3月31日で、対象は今年度の20歳〜22歳(1990年4月2日〜1993年4月1日生まれ)、対象ゲレンデは福島県内の21スキー場。

公式サイトから事前登録をし、ゲレンデで身分証を提示することで利用可能となる。

これらの企画は、スキーエリア再活性化のための若者需要創出プロジェクト。

昨年度の利用会員にアンケートをとると、35.6%が同プロジェクトがなかったらゲレンデに行かなかったと回答している。