図版を拡大

写真拡大

■ブロークンな英語でよい

グローバリゼーションの波は、北半球に位置する一部の先進諸国間だけでなく、今や東欧や東南アジア、そして南米やアフリカまでも巻き込んで「全球化」的に進んでいる。ビジネスの共通語は、当然英語。そして、世界の英語人口は推定20億人に達した。しかし、このうち英語を第一言語とするのは、たったの約4億人にすぎない。つまり、7割以上は英語を「外国語」として捉えている人々で、彼らは母国語のアクセントのある「ブロークンイングリッシュ」でビジネスに臨んでいる。

日本人の英語に対する姿勢は相変わらずだ。LとRなど微妙な発音の違いを気にしたり、正しい文法を使えないことを恥だと思って、重い口をなかなか開こうとしない。英語で行われる会議や商談ではだんまりを決め込んで、引きこもる。これでは、ますます加速する全球化から落ちこぼれる一方だ。実際、日本人の英語力はタイやベトナム、ミャンマー、バングラデシュといった英語を苦手としていた国にも追い抜かれている。

日本人は多数派の非ネーティブであることを自覚して、「ブロークンな英語で何が悪いのか」と開き直って対峙するべきだ。

そこで私が提唱しているのは、「速い・うまい・安い」の牛丼英語。

日本語会話のゆっくりとしたリズムと対照的に、英会話のテンポは非常に速い。会話を振られたら即時に返すのが流儀だが、“What do you think? Tell me now”と問われると、「考えてから話す」習慣が染みついた日本人の多くは黙り込んでしまう。これでは、インタラクティブな関係はつくりづらい。では、どう対応したらいいのか。私のワークショップでは、質問されたら2.1秒以内に話し出すという訓練を行って、徹底的に「話しながら考える」クセをつける。これは決して高いハードルではない。たとえ厳しい質問を受けても、“Okay. That's a really good question, hmm”と、瞬時にリアクションを返して時間を稼ぎながら考えをまとめていく。“Well, actually……”といったセンテンスもよく使うし、相手の意見に対しては、“Great!”“That's right”“Of course”といった言葉でとりあえず反応する。これが、速さのポイント。

うまさとは文法的な正しさではなく、ロジカルさ。「誰に会ったのか」を相手に問うとき、受験英語では“Whom did you meet?”が正解だが、ビジネスの現場では“You met who?”で事足りる。時制や構文よりもロジック(論法)が大切なのだ。

最後に、安さ。速くてうまい英語をものにするためには実践が第一。高い学費を払って英会話学校で習う前に自分でできることが山ほどある。たとえば、駅前で困っている外国人に話しかける。“Can I help you?”“I wanna go to Akasaka”と言われたら“Oh, this is Ginza line and you go this”と答える。それだけで、度胸はつくしスピーディーで的確な語法のコツもつかめる。牛丼英語はやる気さえあれば誰でもマスターできるのだ。

表情やボディランゲージもコミュニケーションの大事なツール。とくに日本人は表情が乏しいので、アナウンサーがする滑舌体操や表情筋のエクササイズを行うといい。あと、英語の無声音は腹式呼吸をしなければ表せない。腹筋と呼吸法の鍛錬も必要だ。

英語力を高めるには日本語力の向上も不可欠。英語を話すときに、日本語でできる以上のパフォーマンスは絶対に出すことはできない。日常会話から、あいまいさを排してロジカルに話すことを心がけよう。

(グローバルインパクト 代表パートナー 船川淳志 構成=小檜山 想 撮影=矢幡英文)