3DS「逃走中」が累計40万本突破、フジテレビ発のゲームでは過去最高。

写真拡大

フジテレビは12月14日、7月に発売したニンテンドー3DS向けソフト「逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!」(バンダイナムコゲームス)の国内出荷本数が、累計40万本を突破したと発表した。

「逃走中」は、テーマパークやショッピングセンターなどのあるエリアで限られた時間の中、ゲスト出演者である“逃走者”が、黒のサングラスと黒のスーツを着用した“ハンター”から逃げ、逃げ切れた場合のみその時間に相応した賞金を獲得できるバラエティ番組。

ゲーム版の「逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!」は、そんな「逃走中」の世界観に沿って企画開発された作品で、ゲームシステムは誰もが手軽に楽しめるよう「逃走アクション」と「ミッション達成」という形式を採用した。ゲームコンセプトや、ゲーム進行中さまざまなルールによって増大していく恐怖感など、テレビ番組の「逃走中」そのままの雰囲気を再現している。

そうした臨場感やゲーム自体のやりこみ要素などがセールスへと結びつき、累計40万本の出荷本数はフジテレビ発のゲームソフトとしては過去最高となった。

このヒットについてフジテレビの高瀬敦也氏(編成部「逃走中」企画)は「近年のメディア環境においては、『テレビ番組ありきではなく、ひとつのエンターテイメントコンテンツを創る』という意識が必要だと考えていますので、今回のように放送以外の媒体で逃走中というコンテンツが広がったことは大きな励みになります。自分の企画した創作物が沢山の方に触れて頂けるということは、制作者にとって最も大きな喜びです。今後もより沢山の方に楽しんで頂けるコンテンツ創りを目標に努力していきたいと存じます」とコメントを寄せている。


☆1月には「逃走中」初の2週連続スペシャル放送

年明けすぐ、1月6日と13日の両日(いずれも19時〜20時54分)には、超壮大なスケールの2週連続スペシャルが放送される。

今回の舞台となるのは、逃走中専用エリア「エリア21」。「エリア21」で、ゲームマスター・月村サトシが準備を進めていた「逃走中アルティメット」が開催されるもので、エリアにはゲームを盛り上げるさまざまな仕掛けが施されており、「逃走中アルティメット」にふさわしいさまざまなミッションが発動される。

そんな「逃走中」史上最高スケールのゲームに参戦するのは、過去最多30人の逃走者たち。手に汗握るハラハラドキドキの逃走劇、波乱の連続となること必至だ。

出演者は荒川静香、井上裕介(NON STYLE)、小川直也(初)、皆藤愛子、上地雄輔、清原和博、児嶋一哉(アンジャッシュ)、ゴリ(ガレッジセール)、斉藤慎二(ジャングルポケット)(初)、澤部佑(ハライチ)、潮田玲子(初)、白鳥久美子(たんぽぽ)、鈴木拓(ドランクドラゴン)、城田優(初)、鈴木奈々、高橋みゆき(初)、多田健二(COWCOW)(初)、田中卓志(アンガールズ)、徳井健太(平成ノブシコブシ)、中尾明慶、中岡創一(ロッチ)、菜々緒、平畠啓史、的場浩司、眞鍋かをり、丸山桂里奈、misono、矢口真里、吉木りさ(初)、吉村崇(平成ノブシコブシ)。※五十音順