年末年始旅行ランキング、ソウル・台北などLCC就航都市が人気!

写真拡大

世界最大のオンライン旅行サイトエクスペディアは、12月28日から2013年1月3日の期間における、ホテルとツアー(航空券+ホテル)それぞれの予約者数と前年比のランキングについて発表した。

まず、ホテル予約数ではバンコク(タイ)が1位。

2位はオアフ(ハワイ)、3位はソウル(韓国)だった。

10位以内には、2012年にLCCが就航した都市が2つ(ソウル・台北)ランクインしている。

予約者数伸び率では、バリ(インドネシア)が前年比255%で1位。

プーケット(タイ)、ローマ(イタリア)、ニューヨーク(アメリカ)が前年比220%でそれに続いた。

続いてツアー部門の予約者数では、1位はソウル(韓国)、2位は台北(台湾)。

ホテル予約数で1位だったバンコクは、ツアー予約者数では3位となった。

日本では、沖縄が16位に、札幌が19位にランクインしている。

また、ツアー予約者数伸び率では、バンコク(タイ)が前年比366%で1位だった。

クアラルンプール(マレーシア)、パリ(フランス)が前年比300%でそれに続く。

日本では沖縄と札幌がランクインした。

ホテル・ツアー予約ともに、夏から続くヨーロッパ圏人気とLCC就航都市の伸びが目立った。

LCCはツアーにおいて、今年エアアジア・ジャパンやジェットスタージャパンが就航した札幌・沖縄や、エアアジアやスクートが就航した韓国・台湾が上位にランクインしている。

国内・海外ともにLCC利用者が増加しているようだ。