青山発信 ミスター・ジェントルマン2013年春夏コレクション

写真拡大

 「PHENOMENON(フェノメノン)」デザイナーTAKESHI OSUMI(オオスミタケシ)氏とTHE CONTEMPORARY FIX(ザ・コンテンポラリー・フィックス)オーナー吉井雄一氏がデザインするメンズブランド「MR.GENTLEMAN(ミスター・ジェントルマン)」から「aoyama」のロゴの"青山グッズ"が登場した。本格展開から2シーズン目にして国内外に卸先を増やしており、「青山発信ブランドとして定着させたい」(広報)としている。

ミスター・ジェントルマンから青山グッズの画像を拡大

 「MR.GENTLEMAN」2013年春夏コレクションのテーマは「NEW YOURS」。「身につける事で新しい自分を見つけて欲しい」という意味を込め、ベーシックウェアを基本コンセプトにフレッシュなスタイルを提案している。今シーズンはチェックや花柄、アロハ柄などオリジナルのテキスタイルを多く取り入れて、タンクトップやニット製のポロシャツ、ショーツなどを打ち出した。コートやブルゾンはパーツで色や素材を切り替え、ニットはベーシックカラーからペールトーンまで10色をそろえている。シューズでは2社とコラボレーションし、「REGAL(リーガル)」製のビットローファーと「buddy」製のスニーカーを発表。「aoyama」ロゴの"青山グッズ"は、「NEW ERA(ニューエラ)」のキャップとTシャツを制作した。買い易い価格帯を設定して「スーベニア(お土産)として気軽に手に取ってもらえれば」としている。

 バイヤーやショップオーナーとして長年に渡り小売業に携わってきた吉井氏にとって、「MR.GENTLEMAN」は初のオリジナルブランド。売る側から作り手になったことについて「売り手の経験を生かせていると思う。秋冬は好調で消化率が200%の地方の取引先もあった。手応えを感じている」と話した。卸先は前シーズンの約15社から約40社に拡大し、国外にも販売先を広げている。


■MR.GENTLEMAN」2013年春夏コレクション-ルックブック-
 http://www.fashionsnap.com/collection/mrgentleman/2013ss/