角田被告を自殺させた警察の失態

ざっくり言うと

  • 尼崎市の連続変死事件の角田美代子被告が兵庫県警本部内の留置場で自殺
  • 県警は当初、大失態について「落ち度はなかった」と強弁
  • 後に「ミスがなかったとは言えない」と不手際を認めた大失態とされる
  • 被告は死亡前日、接見に訪れた弁護士に遺言めいた言葉も漏らしていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング