「LINE」スタンプキャラに新展開、2誌でマンガ化&テレ東でアニメ化決定!

写真拡大

NHN Japanと小学館集英社プロダクションは13日、東京・渋谷ヒカリエにあるNHN Japan本社にて、LINEスタンプキャラクターの新展開についての記者発表会を開催した。

LINEは全世界で登録ユーザー8,000万人、日本国内で3,600万人を突破した無料通話・無料メールスマートフォンアプリ。

2012年小学館『DIME』トレンド大賞受賞、『日経トレンディ』2012年ヒット商品第2位を獲得するなど現在注目のコミュニケーションサービス。

今回の発表会では、LINEスタンプ機能で人気の高いキャラクター「コニー」「ブラウン」「ジェームズ」「ムーン」が登場するマンガ連載とアニメ放送を1月より展開することが明らかとなった。

マンガは小学館『週刊少年サンデー』と、集英社『週刊ヤングジャンプ』の2誌で連載開始。

まず、『週刊少年サンデー』では、一流のキャラクターを目指す専門学校「東京キャラクターズスクール」を舞台に、LINEスタンプキャラクターが巻き起こす学園物語になるという。

タイトルは『キャラクタイムズ』、刺激的なブラックユーモアが効いたコメディーで、1月9日発売号(6号)より連載がスタートする。

『週刊ヤングジャンプ』では、同じ会社で働くLINEキャラクターたちの日常を描いた4コマギャグマンガ。

タイトルは『LINE OFF LINE〜ボクら図鑑〜』で、1月4日発売号(新春特大合併5・6号)より連載が始まる。

そして、アニメ化については2013年1月7日よりテレビ東京で放映される。

タイトルは『LINE OFFLINE 〜サラリーマン〜』で、LINEスタンプキャラクターによるサラリーマンの世界を舞台に、シュールなギャグアニメを展開。

放送時間は毎週月・火・水の25:30で約5分間の短編アニメとなる。

このほか、『マーガレット』でのマンガ連載や『CanCan』でのコラボ企画、4月からは30分アニメのスタートを予定している。

発表会に登壇したNHN Japanの代表取締役社長・森川亮氏は「今後は小学館集英社プロダクションと共に世界も視野に入れてキャラクター展開を行っていきます。

まずはLINEのキャラクターを1人でも多くの人に知ってもらいたい」と展望を述べている。

また、『ドラえもん』や『名探偵コナン』と言った有名キャラクターの商品窓口を担当している小学館集英社プロダクションの代表取締役社長・紀伊高明氏は「今回、LINEスタンプキャラクターをお預かりすることになりました。

これからも我々が培ってきたキャラクタービジネスのノウハウを生かし、LINEキャラクターを盛り上げていきます」とこれからの展開をアピールした。

(C)萬屋不死身之介/小学館/LINE OFFLINE(C)Team. きんだいち/集英社/LINE OFFLINE