お部屋探し広告の「これだけはチェックしたいポイント10」_ 後編

写真拡大

入居者募集広告では、宣伝のためにいろいろなからくりがある、と聞きます。

そのチェックポイントの後編、4番目以降をお届けします。

「快適で安全な一人暮らし」をテーマに活躍する不動産アドバイザーで宅地建物取引主任者である穂積啓子さんにお話を伺いました。

【これだけはチェックしたいポイント10_前編はこちら】■部屋の面積が広告の表示より狭いのはなぜ!?4)面積――専有面積って何? ベランダも含まれる?穂積さん:マンションやアパートなど集合住宅は、「専有(せんゆう)スペース」と「共有スペース」とに分かれます。

専有スペースとは、自分が専有できる場所、つまり自分の部屋のことです。

共有スペースとは、玄関や廊下、駐車場、駐輪場を指します。

実はベランダは、緊急のときの避難通路になるため、共有スペースになります。

つまり、広告にある専有面積の数字には、ベランダは含まれません。

――20?と聞いて計測したら、18.5?しかなかったのですが?穂積さん:専有面積積の測り方は、「壁芯(かべしん)面積」と、「内法(うちのり)面積」の2種類があります。

壁芯面積とは、部屋を真上から見たとして、壁のまん中から広さを測るという方法です。

実際には使えない壁の分まで含まれてしまうわけです。

また、部屋全体の天井が高くなるので、開放感がある、空間が広く感じる、おしゃれに見えるなど、マイルームの楽しみ方が増えます。

内法面積は、壁の内側、実際に使える面積を測ります。

当然、内法のほうが狭くなります。

混乱させられることですが、建築基準法では壁芯面積が、不動産登記法では内法面積で表記されることになっていて、物件の案内書にどちらを書くかは表記者次第となるため、ご質問のような事態になることが多々あります。

特に、分譲賃貸マンションでは壁芯面積での表記が多く、賃貸マンションでは実際に測ってみないと分からない、というのが現状です。

また、一般的に、壁芯面積と内法面積の違いは、5〜10%です。

10%とすると、壁芯面積が20?の場合、実際に使える面積は2?も狭くなってしまうのです。

このことを知っておき、広告表示をうのみにせず、内見のときに自分で内法を測るようにしましょう。

5)方角――北向きの部屋は家賃が安い?穂積さん:方角は、ベランダがどちらを向いているかを示します。

通常は南向きが人気がありますが、朝型の生活の人は東向きを、夜型の人は西向きを選ばれる傾向もあります。

北向きは太陽が差し込みにくいので湿気、暗さなどの点でほかの方角よりは人気がなく、空室になりがちなので、家賃は比較的安くなります。

ただし、南向き、東向きだからといって、正面に高い建物がある、住み始めたときはなかったけれど1年後にビルが建って日差しがさえぎられたということがよくあります。

内見のときに、ベランダや窓の正面に何があるかを確認しましょう。

空地や駐車場があるなら、いずれは高い建物が建つと想定しておきましょう。

6)築年数――新築とはいつまでのことを指すの?穂積さん:新築とは、「建物が建築されてから1年以内で、まだ誰も入居していない状態」を言います。

建ってからまだ3カ月でも、誰かが一度でも入居したことがある場合は新築とは呼びません。

築年数が古いほうが家賃は安くなります。

一般的には、築10年を超えると安くなっていきます。

7)建物の種類――SR造って何? 防音性は関係ある?マンションの場合、その造り(構造)によって、「S造(鉄骨造)」、「RC造(鉄筋コンクリート造)」、「SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート)」の3種があります。

強度は、「S造」→「RC造」→「SRC造」の順に高くなります。