マツダ、「デミオ」の特別仕様車「13-SKYACTIV SHOOTING STAR」を発売

写真拡大

マツダは13日、コンパクトカー「デミオ」の特別仕様車「13-SKYACTIV SHOOTING STAR(シューティングスター)」を設定して発売した。

価格は150万円。

今回発売された特別仕様車は、「デミオ 13-SKYACTIV」(1.3L DOHC DISI・CVT・2WD車)をベースとし、同社では初採用となるLEDヘッドランプを特別装備として設定。

ロービームとハイビームのほか、ポジションランプもLED化することで夜間走行の視界視認性を高めるとともに、LEDの特長である省電力と長寿命を実現したとのこと。

専用ボディカラーとして「ベロシティレッドマイカ」を追加した全5色を設定し、シートはパイピング追加などデザイン変更を行った専用「ボーダーブラック」を採用している。

そのほか、高輝度塗装を施した14インチアルミホイール、ダークティンテッドガラス(リアドア / リアゲート) 、撥水機能(フロントドアガラス / ドアミラー)、LEDドアミラーウインカー、本革巻ステアリングを標準装備。