「瞬足」史上最軽量モデル登場 ソールにチーターの肉球

写真拡大

 アキレスが展開するスポーツシューズブランド「瞬足(しゅんそく)」が、同ブランド史上最軽量モデル「瞬足『エスチーター』」を1月初旬に発売する。走りを追求し、哺乳類最速のチーターの足をモチーフに肉球をイメージしたソールデザインを採用。外装にもチーターを彷彿とさせるアニマル柄をあしらった最新作は、男児用2タイプ7色と女児用1タイプ3色の合計3タイプ10色を展開する。価格は各3,150円。

「瞬足」史上最軽量モデルの画像を拡大

 小学生の男児・女児がターゲットの「瞬足『エスチーター』」は、チーターの肉球をイメージした左右非対称のソールデザインにすることで地面を確実にキャッチできるよう開発された軽量スピードモデル。走行中の体重移動をベースに配置されたグリップポイントにのみラバーを使用しているため、グリッップ性を高めながらも片足130g(サイズ21.0センチメートルの場合)と軽量化を実現した。男児用にはアニマル柄と無地ベースの2パターンを用意し、ネイビーやブラックのシックなカラーからイエローなどのポップなものまで展開。女児用にはピンクやパープルも揃える。

 「瞬足」は、小学校のトラックが左回りであることからソール形状を左右非対称にデザインしたシューズで、現在ではベビー用や大人用、そしてダンス専用モデルまで幅広いラインナップで市場を拡大している。販売開始から10周年を迎える2013年には、イベント企画や男児ジュニアアスリートによる「チーム エクストリーマーズ」の結成などが予定されている。

■瞬足 http://www.syunsoku.jp/