ラムちゃん役の平野文や関俊彦の声で新年の挨拶をお届け! -『声の年賀状』

写真拡大

フォーピースは、平野文や関俊彦といった声優・ナレーターが、新年のあいさつを読み上げるWeb年賀状サービス『声の年賀状』の提供を開始した。

「声の年賀状」は、声優らに読んでもらった新年のメッセージを送ることができるサービス。

事前に収録していた音声を組み合わせたり、音声合成システムなどを使ったりするのではなく、メッセージをひとつずつスタジオで収録する。

アニメ『うる星やつら』のラム役でおなじみの平野文、『仮面ライダー電王』でモモタロスの声を担当した関俊彦、『スキージャンプ・ペア』シリーズや『そうだったのか!池上彰の学べるニュース』でナレーションを務める茂木淳一の3名から読み手を選択することができる。

読み上げるメッセージには数パターンのテンプレートが用意され、名前などの固有名詞を指定する形となる。

メッセージごとに異なる声質が用意されており、近日中にサンプルが同サービスのWebサイトに掲載される。

同社によれば、平野文については、ラムちゃんを思わせるキャラクター風ボイスとナレーションボイスが展開される予定だという。

また、Web年賀状の画像についても指定することができ、デザインは全12種類。

写真を添付できるテンプレートも用意されている。

なお、「声の年賀状」の発注料金は2,480円(送付件数の合計1,000件まで)で、注文の受付期間は12月20日まで(予定)。

年賀状の受け取りはPCやスマートフォンで行うこととなり、SNS経由での送付も可能だ。

Twitterでは相手のタイムラインに、Facebookでは送り先のウォールに表示。

また、mixiではmixiメッセージとして送られる。

年賀状の受取期間は2013年1月1日〜1月31日で、受取期間終了後は閲覧することができなくなる。