「トミカ」が、ポケモン、ハローキティなど夢のコラボレーションを実現!

写真拡大

タカラトミーは28日より、ダイキャスト製ミニカー「トミカ」の新シリーズとして、「Dream TOMICA(ドリームトミカ)」シリーズを発売する。

「トミカ」は1970年、日本初の手のひらサイズの国産車ダイキャスト製ミニカーシリーズとして誕生。

現在では、乗用車から働く車まで140車種をラインナップしており、累計車種数800種以上、累計販売台数5億6,400万台を超えるブランドとなっている。

「Dream TOMICA」は、「トミカが夢のコラボレーション!」をコンセプトに、幅広い層に人気のあるコンテンツを取り入れた新シリーズ。

さまざまなコンテンツとコラボすることで、従来のユーザー(3〜5歳男児)だけでなく、年齢・性別問わず多くの人たちに興味を持ってもらうことを目的に企画されたという。

第1弾は、12月28日より順次発売。

ラインナップは「トミカハイパーシリーズ」「トランスフォーマー」「ポケットモンスター」「マリオカート7」「バットモービル」。

2013年1月19日発売の第2弾が「チキンラーメン」「ハローキティ」となる。

価格は各630円。

その後、奇数月第3土曜日に各月2台の新車を発売し、2013年9月までに計20車種を拡充。

今後は、現在のトミカ140車種に加えて総ラインナップ160車種で展開、順次入れ替えを行う予定という。