いまどきの就活にFacebookは必須!? 98%が「活用できる」 -ギブリー調べ

写真拡大

就活生向けの支援サイト「ソー活ナビ」を運営するギブリーは7日、「Facebookやスマートフォンの活用事情、動向、意識調査」の調査結果を発表した。

同調査は、2014年度卒業予定の新卒学生を対象に11月11日〜25日の期間で実施。

474名から回答を得た。

「Facebookは就職活動に有効活用できるか」との問いに、「活用できる」と答えた人は98%。

42%が「とても活用できる」と回答した。

就職活動にFacebookを使いたいと答えた人も93%に上った。

「就職活動にFacebookを使いたいと思う理由」についての問いでは、「Facebookならではの情報が手に入るから」が31%、「企業や他の就活仲間との交流が図れるから」が19%、「日常的に使っているものだから」が18%となった。

「就活でFacebook等のソーシャルメディアを使う際に不安はあるか」との問いには、63%が「不安あり」と答えた。

不安な理由としては「Facebookで流れる情報の信憑性が低い」「情報漏洩が怖い」「他人から見られたくない」などがあがった。

同調査では他にも「就活をする際にチェックしたいと思うWebサービス、サイト」「就職するならどのような会社がいいか」「就活が12月から開始ということについて」などさまざまな調査結果が発表されている。

詳細は「ソー活ナビ ソー活白書2012年創刊号」から参照できる。