「今年の社長」のトップの座は稲盛和夫氏に-「社長が選ぶ今年の社長」調査

写真拡大

学校法人産業能率大学は11日、毎年恒例となっている「社長が選ぶ今年の社長」アンケートの結果を発表した。

同調査は、2008年から実施。

従業員数が10人以上の企業経営者(経営トップ)を対象に、「2012年の最優秀経営者は誰だと思うか」を尋ね、その結果を「社長が選ぶ今年の社長」としてまとめたもの。

調査は、11月22日から12月4日までの13日間、インタ ーネット調査会社を通じて565人の経営者を対象に行った。

有効回答数は445。

なお、現任でなくても、2012年内に会長・社長・CEOなどに就いていれば有効としてる。

「2012年の最優秀経営者が誰だと思うか」を自由回答で尋ねたところ、もっとも多く名前が挙がり「今年の社長」の椅子に座ったのは、日本航空の再建の手腕が評価された「稲盛和夫」氏。

113票を集め、一昨年、昨年と2年連続で1位だった孫正義氏を僅差で上回った。

コメントとして、「JALのV字回復を牽引した」「非常に困難と思われた企業再建を予想外の短期間で達成した」などの声が挙った。

2位は、108票でソフトバンク社長「孫正義」氏。

「常に攻めの姿勢で経営している」「数々の企業買収を進め通信企業の牽引的な仕事をしており、最優秀経営者にふさわしい」とのコメントが寄せられた。

3位は、ファーストリテイリング会長兼社長「柳井正」氏で47票を集めた。

「コラボ店の開店など、着目するところが他の人と違う」という意見や、「最先端の考え方と実行力」などが評価された。

以下、4位「豊田章男」氏(トヨタ自動車社長・45票)、5位「ティム・クック」氏(米アップルCEO・25票)、6位「根津嘉澄」氏(東武鉄道社長・10票)、7位「津賀一宏」氏(パナソニック社長・5票)、7位「村上太一」氏(リブセンス社長・5票)、9位「平井一夫」氏(ソニー社長兼CEO・4票)、9位「井上慎一」氏(ピーチ・アビエーションCEO・4票)となった。