東京都汐留で、風景に溶け込んだ民家の写真展「日本の民家一九五五年」

写真拡大

パナソニックの企業美術館・パナソニック 汐留ミュージアムは、「日本の民家一九五五年 二川幸夫・建築写真の原点」展を、2013年1月12日から3月24日まで開催する。

同展は、1959年に毎日出版文化賞を受賞した同名の写真集「日本の民家」(全10巻・美術出版社)に収められた、日本各地の民家を写した280点の中から厳選。

また新たに約70余点を選び、最新のデジタル出力技術により新たにプリントして紹介する。

「日本の民家」で数々の美しい日本の民家を撮影した二川幸夫氏は、確かな評価眼を通して見たものを建築写真として、60年にわたって作品を発表してきた。

フランク・ロイド・ライトの全作品集を始め、近現代の名建築を撮った写真は世界で高く評価されている。

80歳を超えた今も現役で活躍し、年の半分近くを海外取材に費やしているという。

同展では、国・県文化財指定を受けた一流の民家や、日本人の自然風景の中に溶け込んだ民家の写真を展示。

完璧な構図とディテールの素晴らしさ、民家の気品を感じることができる。

本質的な美しさとたくましさを引き出す新しい視点、若き日の二川氏が体当たりで撮ったダイナミズムあふれる写真を鑑賞できる。

同展は2013年1月12日〜3月24日の10時〜18時まで開催。

入館料は一般700円、大学生500円、中・高校生200円、小学生以下は無料。

なお、展覧会と同時に二川幸夫自身による新たな編集で、同書の“決定版”も出版されるとのこと。