東京都・下北沢で話題の「うさぎカフェ」体験レポート

写真拡大

猫カフェブームから数年。

今では全国的に猫カフェが普及しましたが、最近人気をよんでいるのはなんと「うさぎカフェ」。

今回は愛らしいうさぎさんたちがいっぱいの、下北沢にあるカフェ「うさぎの絵本」を紹介します。

「うさぎの絵本」は、2010年にオープンしたうさぎカフェ。

絵本や、うさぎがモチーフのハンドメイド雑貨で飾り付けられていて、店内はまるで童話の中のような空間でした。

うさぎさんたちにおやつをあげたり、なでてあげたりしながら過ごします。

店内に入ったら靴を脱いで、手を洗います。

動物に触れるカフェでは、基本的に手の洗浄を求められるので、スタッフさんの指示通りにゴシゴシと洗います。

同カフェは時間制で、ワンドリンクのオーダーが必要です。

この日は、新しく加わった生後6週のうさぎさんがいました。

好奇心旺盛なうさぎさんたちは、くるくるとよく動きまわります。

写真を撮るのも動物カフェの楽しみですが、止まってくれるまで眺めて待ちましょう。

なお、目に悪いため、フラッシュの使用は禁止です。

この日は、大学生のお客さんがいらしていました。

「こんなに小さいうさぎを見たのは初めて」とのことで、鼻を動かしたり、顔を洗うように毛づくろいする姿に大喜びの様子でした。

ひとしきりうさぎたちとの時間を過ごしたら、カフェのスイーツを楽しみましょう。

うさぎがモチーフになっているなど、見た目にも楽しいさまざまなスイーツが用意されています。

飾られている絵本を見て過ごすのもいいですね。

同店ではうさぎさんを抱っこすることはできませんが、ブランケットを膝に乗せるとうさぎさんがその上に登ろうとしてくれます。

動物たちは、大きな音や早く動くものが苦手なので、静かにしていると自然と来てくれます。

小さなぬくもりに、心が癒やされました。

カフェにはうさぎが好きな人たちが集まるので、お客さん同士の交流の場としても楽しむことができます。

また、動物病院の先生をお招きし、うさぎについての勉強会も開催しているため、うさぎ好きの輪を広げることもできます。

■店舗情報店名:うさぎの絵本場所:東京都世田谷区北沢3-30-1 Kビル2F営業時間:13:00から18:00、月、木曜休(祝日を除く)ご入室料金:お一人さま150円(30分ごと)、ワンドリンクオーダー制うさぎカフェは全国的に増加中。

これからうさぎと暮らしたい方も、うさぎと触れあいたい方も、ぜひ遊びにお出掛けください!<著者プロフィール>一色千里ハンドメイドや動物、街歩きや旅をテーマに撮影と執筆を手がける。

著書に「東京手づくり市マップ」「東京ねこ街案内」(角川グループパブリッシング刊)などがある。

新著「カワイイ動物カフェへようこそ!」が日本工業新聞社より2012年11月2日に発売!猫情報を配信するちまたの猫暮らしを運営するほか、物語で街と人をつなぐ「本のカケラ」など街イベントも積極的に企画。

ホームページ、ツイッターも運営中。