2013年の干支(えと)“巳(み)”を模した「干支パン」発売

写真拡大

百貨店を中心に全国で展開するベーカリーの「ドンク」は、、2013年の干支(えと)“巳(み)”を模した「干支パン」を、1月の初売り日より7日まで関東エリア45店舗で発売する。

ホイップクリームとカスタークリームを絞ったパンの上に、干支の「へび」をデザインした。

価格は336円。

さらに、各店で新年に“幸運を運ぶ”というフランス発祥の伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」の販売を、12月28日より開始する。

同商品は「王様のお菓子」と言う意味の、フランスの新年に欠かせない伝統菓子。

パイ生地の中に風味豊かなアーモンドクリームを入れ、フェーヴ(陶器の人形)の代わりにアーモンドが1粒入っている。

切り分けた時にアーモンドが当たった人は1日王様(王女様)になることができ、この1年、いいことがあると伝えられている。

同店では1965年に初めて「ガレット・デ・ロワ」を発売し、以来47年間、パン職人のこだわりが詰まった伝統的なレシピを守り販売を行ってきた。

2013年は従来の味をさらにグレードアップ。

進化させた新レシピで焼いた「ガレット・デ・ロワ」を販売する。

価格2,100円。

名古屋駅店、羽生パサール店を除く全国128店舗で1月14日まで販売する。