ありえないほど濃い!? 静岡県・丸七製茶の「プレミアム抹茶ジェラート」

写真拡大

静岡抹茶スイーツファクトリー「ななや」を運営する丸七製茶は、藤枝産碾茶(てんちゃ、抹茶の原料)が農林水産大臣賞を受賞した。

この受賞を記念し、受賞した茶園の茶葉を使用したプレミアム抹茶ジェラートを、12月15日よりネット限定販売する。

同社によると、9月11日に開催された2012年第51回静岡県茶品評会入札会で、静岡県藤枝市岡部町朝比奈産の碾茶が、静岡県初の農林水産大臣賞を受賞し最高価格で落札されたという。

これを受け、受賞した朝比奈産碾茶を使用した抹茶ジェラートを商品化した。

同社は、抹茶の濃さをNO.1〜NO.7まで7段階で楽しめる「抹茶ジェラートシリーズ」を発売しているが、今回発売する「プレミアム抹茶ジェラート」は、世界で一番濃い抹茶ジェラートになるとのこと。

社内のジェラートマイスター、ソムリエ、日本茶鑑定士が開発に携わり、”ありえないほど濃い抹茶ジェラート”となっている。

同社が運営するオンラインショップでは、ジェラード16個セットをネット限定商品として発売する。

セットは、藤枝産静岡抹茶ジェラートプレミアムNO.3と“世界で一番濃い”プレミアムNO.7、定番の抹茶ジェラートNO.1、NO.5、さらにお茶を使ったジェラートのほうじ茶、玄米茶、和紅茶(国産紅茶)、プレーンミルクを加えた8種×各2個入り(各120ml)。

価格は6,800円(送料込み)。