ソフトバンク、無償で太陽光発電システム設置「おうち発電プロジェクト」

写真拡大

ソフトバンクモバイルとSBエナジーは共同で、住宅の屋根を借り受けて太陽光発電システムを設置し、発電した電気を電力会社に売電する「おうち発電プロジェクト」を開始。

先着で1,000棟を募集する。

同プロジェクトでは住宅の屋根をソフトバンクモバイルが借り受け、「発電スポット」として太陽光発電システムを設置。

その後、SBエナジーがまとめて管理し、発電した電気を電力会社に売電することで、太陽光発電の普及・拡大を図る新しい取り組みとなっている。

太陽光発電システムの設置には、住宅の屋根を貸す側は負担がなく、売電額の一部を「発電スポット」利用料として受け取ることが可能とのこと。

さらに停電時は発電した電気を非常用電源として利用することもできる。

また、太陽光発電システムは20年の契約期間が満了した後、無償で譲渡する。

さらに「おうち発電プロジェクト」に合わせて新たに提供する「モバイルセット割」で、3年間にわたってソフトバンク携帯電話の「ホワイトプラン」基本使用料、「ホワイトBB」の月額使用料、「Yahoo! BB」の月額利用料金の割引が受けられるとのこと。

同プロジェクトの募集期間は12月21日から2013年3月31日まで。

先着で1,000棟(契約成立の先着順)募集する。

詳細は「おうち発電プロジェクト」で案内している。