レベルファイブ「この状況での訴訟提起には違和感を覚える」…セガの訴訟提起を受けて

株式会社レベルファイブが手がける人気シリーズ「イナズマイレブン」に対するセガによる巨額の訴訟提起が起こされた問題について、2012年12月12日、レベルファイブ側から正式なコメントリリースが発表されました。

 

 

以下、内容を記載。
 

 

 
<当社に対する訴訟提起について>
 
各種報道のとおり、2012年10月22日に株式会社セガ(以下「セガ」といいます)より特許権侵害に関する訴訟の提起を受けましたのでお知らせ致します。
セガの主張は、当社「イナズマイレブン」シリーズの処理がセガ特許を侵害するというものですが、「イナズマイレブン」シリーズの処理は、セガの特許を侵害しておりません。
セガ特許と同様の処理をするゲーム及び特許は、セガ特許の出願前から現在に至るまで複数存在している事を確認しております。その相違点を分析検討した結果、侵害に当たらないと判断致しました。
 
この件につきましては、裁判を通じて明らかにして参ります。
 
今回の訴訟対象である「イナズマイレブン」は、タッチペンを使用してキャラクターを操作しますが、これはタッチスクリーンが普及した昨今では、極めて基本的な操作です。イナズマイレブンの操作は、セガの特許を侵害しておりませんが、今回のセガの訴訟提起は、今後のゲーム制作の選択の幅を制限し、ひいてはゲーム産業の発展を阻害するものであると認識しております。
 
セガの特許は当社が「イナズマイレブン」の第1弾を2008年8月22日に発売して以降、2009年2月20日及び2011年8月26日に成立しており、ゲーム発売後に成立した特許に関して
の特許使用料の要求、及び、訴訟の提起を受けたことになります。法律的な正否とは別に、同業界の一端を担う者として、この状況での訴訟提起には違和感を覚えております。
 
当社としましては、セガの請求は棄却されるべきであり、裁判を通じてその旨主張していく所存です。
 
以上、コメントここまで
 

 
この問題は、セガ側から「イナズマイレブン」シリーズ8作品の販売差し止めと廃棄、約9億円の損害賠償を求めているというもの。
 

レベルファイブのコメントにもありますが、「今さら何故?」といったことはネット界でもちらほら見ます。
セガ側は、訴訟に至る経緯をもっと明確にした上で臨む必要があるのかもしれない。

裁判は長期化することが多く、特にこういった特許関連は莫大な費用と労力を費やします。
9億円稼ぐには、いったい何本のソフト、どれだけの売上を確保しなければならないか…当事者としてはたまったものではない。

もし本当に特許を侵害しているのであれば調査不足としか言い用がありませんが、不況の今の日本。まして日本のゲーム業界は一部のソーシャルゲーム以外、苦境に立たされています。

同国内で足を引っ張りあうのではなく、業界全体を見渡した解決策を見出して欲しいものです。