小学館の通信教育ドラゼミに、Web映像配信学習「テレビドラゼミ」登場

写真拡大

通信添削学習サービスの「ドラゼミ」を運営する、小学館集英社プロダクションは、2013年4月から、ドラゼミの授業映像をWeb配信する新サービス「テレビドラゼミ」を開始する。

「小学館の通信添削学習ドラゼミ」は、「百ます計算」などで知られる、陰山英男(かげやまひでお)氏がスーパーバイザーを務める、3歳から小学6年生までを対象とした通信教育学習だ。

同サービスは、「小学館の通信添削学習ドラゼミ」小学1年生から小学6年生コースの会員を対象に、テキストの授業映像を配信するオプションサービスとなる。

授業を行うのは、関西圏を中心に難関中学へ多数の合格実績を出している進学塾「浜学園」から選抜された講師陣。

テキストに取り組んだ際の疑問を、講師による授業で解消できるだけでなく、テキストに取り組む導入部を、映像の中の講師と共に始めることで学習効果を高めるという。

また、インターネットを介しての視聴なので、自宅での学習が可能。

わからなかった部分は巻き戻して何度も視聴するなど、自分のペースや習熟度に合わせた使い方ができる。

なお、入会キャンペーンとして、テレビのような操作感でネット上の動画コンテンツを利用できる、通信会社「NTT西日本」の情報機器「光BOX+」をプレゼント。

同サービス申込時に「12カ月分一括払い」で契約した人全員が対象とのこと。