角田被告、弁護士に伝言を託す

ざっくり言うと

  • 尼崎連続変死事件の角田美代子被告が12日、留置先の県警本部で自殺
  • 被告は11日に弁護人に第三者への伝言と、感謝を述べていたことが明らかに
  • 「生きて出られないのであれば、生きていても意味がない」と口にしていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング