大手外資系メーカー部長 
田中光男(仮名) 
有名私立大学を卒業後、外資系企業に入社。4年間の米国本社勤務などを経て、ベンチャー企業の立ち上げに参画。その後、現在の外資系企業に転職。夜間に経営大学院へ通い、自費でMBAを取得するなど、キャリアアップのための勉強も続けている。

写真拡大

大手外資系企業の日本法人に勤務する田中光男さん(仮名、47歳)は部長に昇格して3年が過ぎ、役員になれるかどうかの分岐点が近づいている。

「役員になれるものならぜひなって、大きな組織のマネジメントに挑戦したいですね。担当が社内で傍流の事業なので、それにはもっと事業規模を拡大していかねばなりません」

田中さんは新卒で現在とは別の外資系企業に入社し、主に商品企画を担当した。この間に4年間の米国本社勤務を経験し、英語が堪能である。

その後、ベンチャー企業の立ち上げに参画。田中さんが企画立案から営業・マーケティングまで担当した新製品は、業界団体の表彰を受ける栄誉にも輝いた。取引先であった現在の会社から誘いを受け、転職したのは10年ほど前のことである。

現職でも田中さんは多くの実績を残してきた。たとえば日本市場を分析し、もともとの製品にアレンジを施した企画製品は、業界では知らない人がいないほどのヒットになっている。

田中さんにどんな仕事を心がけてきたのかを尋ねてみた。

「まだ誰もやっていない仕事、周囲から『あれは田中がやった』と言われる仕事を意識してつくってきました。それには半年、1年先を見据えて仕事をすることですね。ただ、出世はあくまで結果。出世を目的にすると政治的な動きをしたり、おかしなことになってしまいますから」

社内本流と言われる事業部門を歩み、トップの子飼いとして経営企画部や人事部で実績を積む――最近はそんな典型的出世パターンに変化が見られるようだ。組織リーダーの育成・教育を手がける株式会社グロービスの高橋亨マネージング・ディレクターは「新しい出世パターンがつくられつつある」と解説する。

「グローバル化を推進し、あるいは事業変革を志向している会社では、従来とは異なる出世のあり方を模索しているように感じます。40代後半で経営層として能力を発揮する人には、大きく3つのパターンがあります。1つ目は海外で事業を立ち上げたような経験の持ち主。2つ目は社内では傍流の部門で、予算や人材が足りない中で自ら工夫をして実績を残してきた人。そして子会社を立ち上げ、あるいはずっと子会社で経営を行ってきた人が実績を挙げ、本社にかえり咲くパターンです」

これらの類型からは様々な制約や困難な状況の中、自ら考え抜いて意思決定と実行を積み重ね、成果を挙げた経験が重視されている傾向が読み取れる。

■PJマネジャー経験が買われ子会社社長に

ソフトバンクの子会社で、購買支出削減支援サービスなどを手がけるディーコープ社長の谷口健太郎さんは、まさに新しい出世パターンを歩んでいる人物である。1961年生まれの谷口さんはもともと大手商社に勤務し、トルコのメディカル事業を担当していた。

「大学病院建設プロジェクトの入札に参加し、ローンのシンジケートを組み、MRIやCTから灰皿まで設備一式を用意し、24カ月で建設するという仕事でした。しかも受注した後も他の入札が行われるので、プロジェクトマネジャーを務めながらトルコ各地を転々とし、応札していました」

誘いを受けてソフトバンクに転職したのは2000年。常に新しいプロジェクトを一から立ち上げ、しかもそれぞれ異なる案件をアレンジしてきた経験と能力が買われたのである。

新規事業の立ち上げ経験などを経て、ディーコープの執行役員に就任したのが03年。そして06年に社長に就任した。ソフトバンクの孫正義社長は、プレジデント11年3月7日号で「見込みのある人には、どんどんグループ会社の経営を任せていく」と発言しているから、順調な出世と言えよう。

その後、リーマンショックの直撃を受けながらも谷口さんはトップとして業績を伸長させてきたが、結果には満足していないという。

「期待されているのは10倍、100倍、1000倍という成長ですから、業績が伸びたといっても今の数字では恥ずかしいぐらい。孫さんからは『いつまで同じことをやっているんだ。どうビジネスモデルを進化させるのか、脳みそがちぎれるくらい考えろ』と言われています」

ディーコープでは企業の一般管理費にフォーカスし、リバースオークション(買い手が売り手を選定する入札)の手法を活用してコスト削減を支援している。これをいかに発展させるかが谷口さんの課題である。

出世についての考え方を尋ねると、「ゴールではなく志を実現するための手段」という。

「商社にいたときも出世にはあまり関心がなく、それより自分はどんな仕事をやるべきだろうと考えていました。そしてディーコープを任せると言われ、経営者としての責任を負ったとき、自分は何のために生まれてきたのかと考えるようになりました。その答えは、青臭いかもしれませんが、私は『周囲の人を幸せにしたい』と本気で考えています。自分の志を遂げるには影響力が必要です。その手段として私は社長をやっているのだと思っています」

谷口さんは社長就任時にもう1つ、思い至ったことがある。時間を消費することは、命、人生を消費すること。「だから1秒もムダにしたくない」。経営責任を負うということは、改めて自分のあり方を問い直し、腹を決める機会になるようである。

■窓際から一念発起、社内専門家へ

以上のように新たな出世の潮流を眺めてきたが、残念ながら大多数のビジネスパーソンはどこかで出世は頭打ちになるのが現実である。では、そうなったときにどうすべきか。

1つの解は、専門性を武器に自分の存在価値を高めることであろう。この問題を考えるうえで参考になる人物を紹介したい。

大手化学メーカーに勤務する江藤真二さん(仮名、45歳)は30代後半で「監査部門にぶちこまれ」、早々に出世レースから脱落した。もとより関係の悪かった上司から、部下の間で発生したトラブルの責任を問われたのだった。

「社内では『最後の勤め場所』と言われている職場で、周囲は50代の人ばかり。30代後半の私が一番年下でしたから、それは落ち込みましたよ」

こんな職場にはいられないと転職活動を行い、実際に内定をもらったこともあったが、結局会社にとどまった。子供がまだ小さく、給与が大きく下がる事態は避けたかったからである。

鬱屈した日々を送っていた江藤さんだが、CIA(公認内部監査人)資格を取得したことで転機が訪れた。

「勉強会に参加して外部に専門家人脈ができるようになったんです。そこで内部監査の師匠になる人と巡り合い、コンサルティングの仕事を手伝ってその作法を教えてもらいました」

折しも企業の内部統制が重視されるようになり、監査部門の位置づけも変わってきた。何より、内部監査の業務そのものが江藤さんに向いていた。

「不正の兆候を発見すると血が騒ぎます。とくに偉い人の不正は(笑)。実際に役員を退任に追い込んだこともあります」

江藤さんは会社に勤めながら、専門性を高め人脈を広げてきた。定年まで現在の会社に勤めたいと考えているが、万一のときに備え独立などの選択肢も増やそうと努力している。

※すべて雑誌掲載当時

(宮内 健=文 上飯坂 真=撮影)